楽天市場

2018年10月07日

土嚢の処分 どうすればいい

「神戸新聞」に興味深い記事を見つけました。

 9月30日に兵庫県に最接近した台風24号を巡り、芦屋市が思わぬ対応に追われている。希望する住民に浸水対策の土のう約9300袋を無償配布したところ、台風通過後に「回収してもらえないのか」といった問い合わせが相次いで寄せられた。市は「各自で処分してほしい」と呼び掛けているが、急きょ11月に「返却日」を設け回収もすることを決めた。
 台風24号で市内では大きな被害はなかったものの、一夜明けた10月1日以降、土のうを持ち帰った市民から「水を吸って重くなり動かせない」「どうしたら回収してもらえるのか」などの声が上がった。市には同6日までに20件超の相談、要望が寄せられたという。
(「神戸新聞NEXT」より抜粋)


同じ経験が、わが家にもあります。
(というより、今も土嚢を保管し続けています。)


 土嚢.png


数年前まで、わが家の前の道路は水はけがとても悪く、大雨になると結構な大きさの水たまりが出来、困っていました。

そして、とある台風が接近してくるニュースを聞いたとき、何故か家の中まで浸水してくる予感がして、区役所のほうに相談をしてみたのです。


すると、「無償で土嚢を提供してくれる」ということでした。

そして、わざわざ家の前まで届けてくれた土嚢が数十個。


このときは「何とありがたいことだ」と思いました。

土嚢のおかげかどうかは分かりませんが、このときは家の中に浸水することもなく、無事に済んだのです。


そして、「土嚢は返却の必要ありません」ということでしたので、暫くそのままお借り(?)することにしました。

当時は、家の前の水はけが本当に悪く、「また使うこともあるだろう」と思ったからです。


それで、使わないときは車庫の横のほうに積んでおいて、大雨の日に玄関口に並べるということを暫くの間繰り返していました。


しかし、道路の排水機能が改善されたのか、気が付くと、家の前の道路の水はけは良くなっていたのです。


そうなると、土嚢は “ただただ邪魔” なだけです。


おまけに、暫くすると袋が破けて中身の土が出てくるので、新しく土嚢の袋を購入して、入れ替えなければなりません。


この先、いったいどうすれば良いのでしょうか?


処分する(捨てる)にしても、何ゴミなのかがわかりません。

しかも結構な量なので、普通にゴミの日に出すというわけにもいかないでしょう。


新聞記事では、最終的に「指定場所で回収することを決めた」ということですが、その場合でも、指定場所まで持っていかなくてはならないという問題(手間)が発生します。


いつかまた必要になるときが来るかもしれないので、このまま持っていても良いのですが、土嚢を保管する(維持する)作業も年々辛くなってきます。

何とか、ならないものでしょうか。


この新聞記事を見て、また気になりはじめました。







防災グッズ bohsai.shop
ラベル:土嚢 浸水 ゴミ
posted by Descartes at 01:46 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

のど飴で議会出席停止処分

本会議中に “のど飴” をなめていたことで、議員が “議会出席停止処分” を受けたというニュースを耳にしました。

 熊本市議会で28日、第3回定例会本会議の質疑で緒方夕佳議員がのどあめを口に含んだまま演壇に立ったとして議員たちが非難し、その対応で本会議が何度も中断した。
(中略)議会運営委員会に呼ばれて謝罪を求められた緒方議員は、せき込んで質問を中断するのを防ぐためだったとして、謝らなかった。そのため、議員から懲罰動議が出た。
 この騒動で、当初午後0時半に終了予定だった議会は時間を延長し、同日午後8時ごろまでずれ込んだ。(「朝日新聞 DIGITAL」より)


処罰を受けた緒方夕佳議員は、以前(昨年)にも “子連れで議会に出席したこと” により “厳重注意” の処罰を受けたことがあります。

その事実により、「またか」という風に思ってしまいがちですが、本当の問題点は、そこ(のど飴をなめたこと) には無いように感じます。


 議会.png


会議中に飴をなめることは、確かに良いことではないと思います。

しかし、聞くと緒方議員は、この日は風気味で、なおかつ、以前に “議上で(長い間)咳き込んだこと” を指摘されたことがあるそうです。

再び同じような事態が起こることを防ぐためだったとして、緒方議員は “陳謝” を拒み、そのことに対し、他の議員からは「納得がいかない」と “懲罰動議” が出ました。


 ・・・が、何故、議会を8時間も長引かせる必要があったのでしょうか?


一番の問題は、そこにあると思います。


 議員の仕事は何なのか?

 何のための議会か?


そういった認識が不足している気がするのです。


単純に、「本会議が終わった後で、のど飴をなめていたことの処罰を決めればよかったのでは」と思うのは、私だけでしょうか。






ラベル:のど飴 議会 議員
posted by Descartes at 22:51 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

災害発生時 1階と2階どちらが安全?

現在、日本列島を記録的な勢力の台風が襲っています。


 台風の空.jpg


今回の台風は、特に “風” に対する警戒が必要とのこと。

「ブロック塀が倒れる」くらいの強風になるというのですから、当然、木造の家などは大きく揺れるに違いありません。

そう考えると、なるべく揺れの少ない1階部分にいる方が良いように思えますが、意外にも、ニュースでは「夜(就寝時)などは、家の2階以上で過ごすように」とのことでした。


 “高潮による被害” に備えてのことです。


納得の理由ですが、実際問題、台風に限らず、地震などの災害発生時には、1階と2階どちらにいたほうが安全なのでしょうか?


強風や地震発生時には、木造の家などは激しく揺れます。

ですから、揺れの少ない1階の方を選ぶのが自然のように思えます。


しかし、逆に言うと回避できるのは “揺れ” だけなのです。


一方、(2階建ての家で)2階にいた場合には、以下のようなことが考えられます。

 @ 津波などが起きた場合、助かる可能性が高い
 A 家が倒壊した場合、2階の下敷きになることがない
 B 家が倒壊した場合、救助されやすい


「絶対にこちらが安全」ということは言えないと思いますが、家の倒壊ということを考えると、(個人的には)2階にいるほうが安全なように思えます。


 


特に1995年以前の建築基準法で建てられた家の場合は、そのようなことが言えるようです。






防災グッズ bohsai.shop
ラベル:台風 地震 災害
posted by Descartes at 21:04 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする