楽天市場

2019年09月12日

あなたの番です 最終回

日本テレビのドラマ『あなたの番です』が、ついに最終回でした。


 


多くの人が予想していた通り、黒島沙和(西野七瀬)は連続殺人犯でした。


「全体を総合的に判断して」というよりも、私の場合は、おもにキャスティングから「西野七瀬が犯人に違いない」と、途中から思い込んで毎週観ていました。

ですから、その点(西野七瀬が殺人犯だった点)については大きな驚きはありませんでした。


しかし、意外に思ったことはあります。


それは、西野七瀬が “最後まで西野七瀬のままだった” ことです。


 


よくあるサイコパス描写のように、突然に豹変したり、不気味に笑ったり、あるいは、別人格がおりてくるといったこともなく、(時おり感情を高ぶらせますが)かわいらしい西野七瀬のまま “殺人の告白” を続けるのです。


この点につき、ネットでは「西野七瀬の演技力ではあれが限界か」などと言う人もいるようですが、私は、あえてあのような演出(演技)にしたのではないかと思っています。


“日常的に” 「人を殺したい」と思っている人は、突然豹変したりはしないのです。


そして、ドラマでは “日常的に人を殺したいと思っていなかった人” も “日常の中で” 殺人をおかします。


黒島沙和が言うように、「自分も他の人も同じ」なのかもしれません。


それが、このドラマのタイトル「あなたの番です」の意味するところなのでしょうか。


あらためて思い返してみても、個人的に “納得のいく” 最終回だったと言えます。


ただひとつ、“納得がいかない” ことがあるとすれば、黒島沙和が連続殺人犯になるに至った経緯(高校時代)、いわば視聴者が一番知りたい部分が、本編ではなく、番外編で描かれるということです。

しかも、動画配信サービス「Hulu」で “配信(基本は有料)”ということです。


これまで半年間、毎週欠かさずにドラマを観続けてきた視聴者はどうなるのでしょうか。

「思いやりがない」としか言いようがありません。






posted by Descartes at 00:31 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

GALLERIA 碁MASTER

コンピュータショップ『ドスパラ』では、

 ・動画編集用PC
 ・マンガ・イラスト用PC
 ・Youtuber・ニコ生・動画配信用PC

など、予め用途に応じてセッティング済みのPCが販売されていて、個人的に気に入っているのですが、

先日、そのドスパラから「GALLERIA 碁MASTER」というノートPCが発売(受注開始)になりました。


 GALLERIA碁MASTER.png


これがなんと、人工知能AIが搭載された “囲碁専用” のPCなのです。


 こちら >> GALLERIA 碁 MASTER|ドスパラ公式通販サイト


世界中の多くの囲碁棋士から支持されている、囲碁AI「Leela Zero」の検討ソフト「Lizzie(日本語版)」が予めインストールされているということです。

パソコンの初期設定を代行して行ってくれるサービスも付いており、手元に届いたその日から、起動後すぐに、囲碁AIを利用した “囲碁検討” が実践できます。


 man_vs_ai_igo.png


「インターネット環境も不要」というのですから、まさに “囲碁をするためだけのPC” という感じです。


 世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』


おそらく、かなり “プロ向け” の内容なのでしょう。


しかし「囲碁を楽しむのにパソコンなど不要」と言っていた人でも、このPCには、何となく心惹かれるものがあるのではないでしょうか。


今後ますます、このような専門特化型のPCが増えていくような気がします。




24時間いつでも世界中の囲碁ファンと対局できます


ラベル:AI PC 囲碁
posted by Descartes at 20:02 | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

すき家 吉野家 松屋

10月1日の消費税増税に向けて、3大牛丼チェーン(すき家、吉野家、松屋)で、それぞれの動きがあったようです。

 ゼンショーホールディングス傘下のすき家本部は3日、牛丼チェーン「すき家」での10月1日からの消費税増税への対応として、「牛丼 並盛」の税込み価格を店内飲食か持ち帰りかに関わらず、現行と同額の350円にすると発表した。他のメニューについても税込み価格を統一するため、詳細を調整中という。
 軽減税率が適用されて税率8%に据え置かれる持ち帰りの場合、並盛の税抜き価格は325円と現行のままとなり、税率が10%に引き上げられる店内飲食は6円値下げして319円とする。この結果、税込み価格はともに350円になる。(「産経新聞」より抜粋)


消費税増税後は、“酒類と外食を除く” 「飲食料品」は軽減税率制度が適用され、税率8%となります。

低所得者の負担を減らすための政策ですが、実は、この “外食を除く” という部分に関して様々な意見があり、混乱も招いているようです。


店内飲食とテイクアウトの両方を行っているお店の場合、同じ商品なのに、店内で食べた場合と、店外で食べた場合とで価格(支払額)が変わってしまうからです。


  food_takeout.png


店内飲食とテイクアウトの線引きが難しいお店もあり

 ・返却の必要がある食器に盛られている場合は「店内」
 ・返却の必要がない食器に盛られている場合は「テイクアウト」

といった線引きもされているようですが、「マクドナルドでコーヒーを “トレイにのせずに” 受け取った場合はどうなるのか」など、難癖をつけだしたらキリがありません。


そのような中、牛丼チェーンの「すき家」が、牛丼並盛を例に “ひとつの解決策” を示してくれました。


店内飲食分を “値下げ” することで、店内飲食とテイクアウトを “同価格” にしたのです。


消費者にとって、とても嬉しい話です。

一気に「すき家」の株が上がったと言ってもよいでしょう。


混乱も無事に収まりそうです。


そして実は、“似たような” 対応策をとる牛丼チェーンが、もうひとつあります。

牛丼チェーン「松屋」も、店内飲食とテイクアウトの価格を同一価格に統一する方針を発表しているのです。


ただし、「松屋」の場合は、少し事情が違っています。


テイクアウトについて、“容器代” を別途計上 することで同一価格にするので、言ってみれば “値上げ” をするようなものです。


結果的に同じ価格になるので「知らなければ良いだけのこと」のような気もしますが、おそらくレシートには「容器代」として印字されるのではないでしょうか。

昔のお豆腐屋さんのように、鍋を持っていって「これで持ち帰ります」と言った場合に支払額は幾らになるのかが、気になるところです。


そして、牛丼の生みの親「吉野家」はどうかと言うと、

「特に何もしない」

のだそうです。


つまり、店内と持ち帰りとで、支払額は違うことになります。


実は、これが普通の形なので、文句を言う筋合いではないのですが、「すき家」の後だけに、何か物足りない感じです。


今回の消費税対応策で見ると、(私の中での)3大牛丼チェーンの順位は

  すき家 > 吉野家 > 松屋

と現在、なっています。




ベルーナグルメショッピング

ラベル:牛丼 増税 消費税
posted by Descartes at 22:51 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする