楽天市場
ブログ王ランキングに参加中!

2018年02月17日

ゼネラルモーターズ 無人運転車

ゼネラルモーターズ社が、「無人運転車」の実用化に向けて、運行許可を米交通当局に申請したそうです。

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセル、ブレーキを設置しない自動運転車を2019年中に実用化する方針を発表した。自動運転車開発では米グーグルが先行する中、GMは既存自動車メーカーとしては実用化の「一番乗り」を目指すとみられる。
 GMは電気自動車(EV)「ボルト」をベースに開発を進めており、19年中に米国内でライドシェアの試行を行う方針。一定の交通・天候事情の下、人間の介在なしで自動運転を行う「レベル4」の技術になる見通しだ。(後略)
(「毎日新聞」より抜粋)


このニュースで驚くべきは、申請された車が「ハンドルやアクセル、ブレーキを設置しない」自動運転車であることです。


無人運転車.jpg


運転手を完全に必要としていません。


このタイプの自動運転技術は「レベル4」と呼ばれるもので、各レベルの定義は以下のようになります。


 ・レベル0:手動運転
 ・レベル1:運転補助
 ・レベル2:部分的な自動運転
 ・レベル3:条件付き自動運転
 ・レベル4:高度な自動運転
 ・レベル5:完全自動運転


現在普及しているのは、レベル2の “部分的な自動運転車” です。

ブレーキ操作等が自動で行われるものの、その目的はあくまでも “運転を支援すること” にあります。


“すべての運転操作” を自動で行うようにすると 「レベル3」 となるのですが、“高速道路のみでの使用” であったり、“緊急時には人間が操作できる” などの条件付きとなります。


それが、レベル4になると、人間は完全に運転操作から解放されます。

しかし同時にそれは、“緊急時にも手を出せない” ことを意味しています。


個人的には、かなり怖いです。


街中でタクシーを止めて、この車だったら、はっきり言って乗りません。


しかし、いずれはこういう世の中になることは間違いないようです。



(トヨタ自動車・自動運転EV「e-Palette Concept」基本機能説明映像)


そしてゼネラルモーターズ社が実用化に乗り出すのは、2019年とのことです。

それは、未来の話というよりは、もう来年の話なのです。


posted by Descartes at 14:54 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

国や自治体からもらえるお金

今朝のフジテレビ『ノンストップ!』では「国や自治体からもらえるお金(助成金・補助金)」の紹介がありました。


助成金に多いのは、おもに子育てに関係するものなのだそうですが、東京都の場合で、何と2000種類以上のもの助成金・補助金があるそうです。


その中で、番組で取り上げられていた例をいうと、

■ 結婚したとき
  :今後10年以上住むことを条件に自治体から5〜20万円のお祝い金

■ 子供が生まれたとき
  :出産後も住むことを条件に、出産育児一時金とは別に出産祝い金
   第1子・第2子で5〜20万円、第3子からは100万円以上の自治体もあり

■ 引越したとき(義務教育終了前の子供がいる世帯の場合)
  :引越し費用として最大20万円
   礼金・仲介手数料として最大36万円
   転居前後の家賃差額(最大毎月2万5千円・最長2年)の補助

■ ベビーカーを購入したとき
  :ベビーカー、チャイルドシート、ベビーベットなどの購入費用合計額の
   3分の1(上限2万円)

■ 電動アシスト自転車(子供シート付き)を購入したとき
  :6歳未満の幼児2人以上を養育している場合、購入費の2分の1から
   3分の2(上限2〜3万円)


これらの助成金の内容や要件は、自治体によっても違います。


また、助成金は申請をしないと貰えないわけですが、この助成金について自治体の方から対象者に対し連絡をとってくるということはありません。


申請しなければもらえないのは当たり前ですが、同時に “知らなくても” もらえないのです。


この点につき、『ノンストップ!』では「自治体からもらえるお金を調べられるアプリ」というものを3つ紹介していました。

さすがです。


下記に紹介しておきます。

■ マチイロ:自治体の発行する広報誌やHPが読めるアプリです。

  こちら >> マチイロ マチを好きになるアプリ

■ Zaim:家計簿アプリですが、国や自治体の給付金情報なども教えてくれます。

  こちら >> わたしの給付金:お金の便利帳|家計簿 Zaim

■ ほじょナビ:東京23区限定ですが、行政サービスの検索ができます。

  こちら >> ほじょナビ|届出ればもらえる東京23区の行政の制度、サービス


また、最近よく取り上げられるようになりましたが、家庭用の生ゴミ処理機の購入費も助成金・補助金の対象です。
      ↓      ↓


臭いの問題だけでなく、生ゴミを減量させないと、焼却費がかかるばかりか、CO2排出量や地球温暖化などの様々な問題を引き起こすことになるからだそうです。


posted by Descartes at 22:28 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

チョコレートの由来

今朝放送の『グッドモーニング』の「林修のことば検定」は、チョコレートの名前の由来でした。


諸説あるそうですが、番組によると、チョコレートの名前の由来となったのは、「ショコラトール」というアステカ王国の王族が飲んでいた “披露回復のための水” ということです。

そして、このショコラトールというのはナワトル語で、「苦い水」という意味なのだそうです。


チョコレートの原料と言えばカカオです。


カカオ豆.jpg


カカオの原産地はメキシコ、グアテマラ、ベネズエラなどの中央アメリカで、その栽培は紀元前から行われていました。


さらに、そのカカオの学名はというと「テオブロマ カカオ」。


テオブロマというのは “神様の食べ物” という意味で、メキシコ・アステカ王国の神話に由来します。


そのアステカ王国では、カカオ豆は通貨としても使われるほどの貴重なもので、さらに疲労回復の効果がある “薬” としても利用されていたのです。

そこで王族は、疲労回復の栄養ドリンクとしてカカオを粉々にした「ショコラトール」を飲んでいたのですが、これが、“苦い水” という名前の通り、本当に苦かったのだそうです。


その後、アステカ王国を滅ぼしたスペイン人が、あまりに苦いので砂糖を加えたところ、今のようなチョコレートになったのだとか。


苦いものが一転して “甘いもの” に変化するあたりが面白いです。


また、そもそも何故苦いものに砂糖を加えてまで飲もうとしたのかが不思議です。


王族が飲んでいるから、何か特別なもののように思えたのでしょうか。


結果として、脳の栄養にもなり疲労回復の効果まである現在のチョコレートが生まれるわけですから、これはアステカ王国を滅ぼしたスペイン人に感謝しなくてはなりません。


また、こういったエピソードまでが分かってくると、世界史の勉強も随分と楽しいものになってきます。





posted by Descartes at 12:57 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする