楽天市場

2019年03月11日

3年A組 今から皆さんは、人質です 最終回

日本テレビのドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」が最終回でした。


 

 ▸ 3年A組 −今から皆さんは、人質です− が見放題! | 【お試し無料】



“真犯人” も “立てこもった理由” も、おおかた私が想像していた通りだったのですが、他の人たちはどのように感じたでしょうか。


中には、もっと大どんでん返し的な “想像もつかないような結末” を期待していた人もいることでしょう。

「この真犯人には納得できない」という人も大勢いるかもしれません。


柊(菅田将暉)がライブ中継で明かした真犯人の名前は「SNS利用者」でした。

SNS利用者の “自覚のない悪意” が、景山(上白石萌歌)を殺したのだと言います。


私は、この真犯人について、ドラマではストレートに “名指し” せずに、違ったやり方で、視聴者に “考えさせる” 手法をとるものと思っていました。

視聴者の多くは、実際にSNSやインターネットの利用者でもあるので、「真犯人はSNS利用者(=あなたたち)」では、反感を買うのではと思ったのです。


実際問題、ドラマの中では、この柊の指摘に(ライブ中継の)視聴者は「ウザい」「キモい」「死ね」と怒りをあらわにしていました。


このとき、同時にドラマを視聴していた人たちは、どのように思ったのでしょうか。


もしも、この演出・脚本(真犯人)に納得のいかない人がいるならば、その人にはこのドラマの伝えたかったことは “届かなかった” ことになります。

そして、その “(実際には)届かない” ということこそが、このドラマの “テーマ” であったようにも思えてきます。


最後のシーンで、さくら(永野芽郁)は柊の遺影に向かって次のように言います。


 「あの事件で、世の中が大きく変わったなんてことは全然なくて、
  まるで何もなかったように、皆、相変わらずせわしなく生きています」


これこそが、現実です。


今もSNSやインターネット上の “心ない言葉” は消えることはありません。

被災地の復興支援を呼びかけるコメントにまで反論・誹謗中傷のコメントが寄せられる有様です。


このドラマで起こったことは、この現実世界で “毎日” 起こり続けています。


このドラマがきっかで世の中が大きく変わることはないと思いますが、同時に

このドラマがきっかけで、SNSのあり方が少しでも変わってくれればと思います。


そして、SNSやインターネットを利用する(読む)側も、十分に気をつけなければいけないことは、言うまでもありません。






posted by Descartes at 19:45 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

携帯乗り換え キャッシュバックが復活

本日放送の『ゆうがたサテライト』(テレビ東京)で、「携帯乗り換え キャッシュバック(現金還元)が復活」というトピックがありました。

【携帯乗り換えで現金バックが復活】乗り換えるだけで現金12万円の売り場も。携帯端末販売と通話契約の分離を進める法案の審議が国会で行われている。新法成立の前の駆け込みで、各キャリアが「最後の売り時」と競い合い、キャッシュバック料金がつり上がっている。
(「番組のみどころ:ゆうがたサテライト」より)


「携帯乗り換え」というのは、「携帯電話の “契約の” 乗り換え」のことで、現在では俗に「MNP」と呼ばれています。


  MNP.png


「MNP」とは、モバイルナンバーポータビリティー(Mobile Number Portability)の略で、キャリア(ドコモや au などの携帯電話通信サービス提供会社)が変わっても携帯電話の番号は変わらないシステムのことです。

それが、今では「ソフトバンクにMNPする」などのように、乗換えをする行為そのものを指すようにもなってきました。


 
 【スマホ乗り換え.com】


私などは、今どき珍しく(?)、はじめに契約したときからキャリアの変更はなく、乗り換えなど考えたこともないのですが、それが今日の放送によると「今、乗り換えると “お金がもらえる” 」そうなのです。

しかも、10万円以上もざらとのこと。


これは、いったいどういうことなのか、

気になります。


この件に関する『ゆうがたサテライト』の説明は以下のようなものでした。

 @ 携帯電話の料金は、通信料金と端末料金が一緒になっており、
  「何に幾ら払っているのかが分かりにくい」との批判がある

 A そこで政府は、4月以降の法改正で料金を透明化し、“通信料金と端末料金の
   セット割引” については禁止する方針である

 B セット割引が禁止されると、今後、“端末料金分を値引く” 形での
   キャンペーンが行えなくなる

といった事情から、

 ・ 法改正前で
 ・ 学生や社会人が新生活の準備をする2〜3月

のこの時期に「 “キャッシュバック合戦” が激化している」とのことです。


さらに政府は、携帯電話(通信サービス提供)会社が “過度な値引き” を行うことに対し規制をかけてはいるものの、“販売店が独自に行う” 値引きについては、規制の範囲外なのだそうです。

以上のような事情から、MNP成約に対する “成果報酬” が、携帯電話会社から販売店に対し支払われていることは当然に想像でき、“その一部が、消費者に還元されている” ということなのでしょう。


こうなってくると、「特に今のキャリアに不満は抱いていないものの “現金欲しさに” 乗換えを行う」という人も現れそうです。


「新生活の準備のために現金が必要」という人も当然いるはずなので、その際は、現金に吊られて “結果的に損をしてしまう” ような契約をしてしまわないように気をつけたいところです。


 
 楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

posted by Descartes at 23:49 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

冬の寒さ対策 布団の重ね順

今日の『ノンストップ!』(フジテレビ)で、「冬を乗り切る生活の知恵講座」という特集コーナーの放送がありました。


 ノンストップ.png

  こちら >> ノンストップ!NONSTOP! - フジテレビ


その中で、「布団編」と称して、“布団の重ね順” について問う問題がありました。

 @ 敷布団
 A 掛け布団(羽毛布団)
 B 毛布

の3種の布団につき、「どのような順番で重ねるのが “冬の寒さ対策” として、一番ふさわしいか」という、問題です。


ちなみに私の場合は、以下のような順番で、掛け布団の上に毛布を乗せます。

  futon_kasane01.png

この順番だと、「暑いな」と感じたときには、すぐに毛布を外すことができるからです。

おそらく多くの人がこの方法(順番)なのではないでしょうか。


もしくは、「毛布の肌触りが好きだ」という人は、以下のような “掛け布団の下に毛布を入れる” 順番になると思います。

  futon_kasane02.png


しかし驚くべきことに、『ノンストップ!』が推奨する “寒さ対策として最も効果的な方法(順番)” は、上の2つのどちらでもありませんでした。


なんと、自分の身体の下に毛布を敷くのです。

  futon_kasane03.png

その理由は以下の通りでした。

 @ 羽毛布団は体温を吸収して温まるので、“身体に直に触れるように” 上に掛ける
 A 毛布は “下に熱を逃がさない” ために、身体の下に敷く


「なるほど」という感じです。


そして、さらに「寒いな」と感じるようであれば、“掛け布団の上に” 毛布を1枚追加するのだそうです。


毛布を敷布団のように使うという発想は無かったので、これは少々驚きました。


「では、毛布で出来た敷布団カバーのようなものがあれば便利なのではないか」と考えたところ、それは “既に商品化” されていました。


 こちら >> 毛布生地で作った とろ〜りあったか敷き布団カバーあったか寝具快適寝具


 


一瞬、“ヒット商品を発明” してしまったかのようにも考えましたが、そんなに甘くはありませんでした。


おそらく、「毛布生地で出来た掛け布団カバー」というのも既に商品化されているに違いありません。





posted by Descartes at 23:31 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする