新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年09月07日

シャープ プラズマクラスター 新型コロナウイルスに効果

シャープの「プラズマクラスター」技術が、“新型コロナウイルスに効果あり” という興味深いニュースを目にしました。


シャープは7日、イオンを発生させる独自技術「プラズマクラスター」が新型コロナウイルス抑制に効果があるとの実験結果を発表した。空気中に浮遊するウイルスを不活性化できるという。同社はイオンで浮遊ウイルスへの効果が実証されたのは世界初とみている。ただ実験と家庭では使用環境が異なり、まだ同機能を搭載した家電での効果は立証されていない。
(「日本経済新聞」より)



プラズマクラスターは、シャープの空気清浄機などに搭載されている技術です。


 

 こちら >> シャープ プラズマクラスター 空気清浄機楽天市場


 


今回の実験内容は「飛沫を模したウイルスを含む液体に高濃度のプラズマクラスターを約30秒照射してから再び回収し、感染性ウイルスの数を測定する」という方法をとっており、“実空間” における実験ではありません。

そのため、現在発売されているプラズマクラスター搭載の空気清浄機について「新型コロナウイルスに効果あり」と謳うことは(医療機器としての認定を得る必要があるため)できないとのことです。


しかし、それでも今回の実証は

 ・実際に90%以上のウイルス活性化が確認されたこと
 ・付着ウイルスではなく、浮遊ウイルスに対する実証であること

などから、その期待はかなり大きいのです。

 
新型コロナウイルスは、ドアノブなどの “固形物に付着したもの” については、アルコール除菌などによる効果が確認されています。

しかし、“空気中を浮遊するウイルス” については、「次亜塩素酸水の(超音波加湿器による)噴霧」など様々な対策が提唱されてきましたが、どれもその効果が実証されるまでには至っていないのです。


今回の「プラズマクラスター技術」についても、一般家庭(空間)における効果が実証されたわけではありません。

しかし、シャープの「プラズマクラスター空気清浄機」は、既に “かなりポピュラーな製品” であり、もしもそれが「新型コロナウイルスに効果あり」ということになれば、“飛沫感染に対する有効な対策” として、かなり早いスピードで普及させることが可能です。


シャープをはじめ、関係団体の方々には、さらに進んだ実証(と認可)をお願いしたいところです。


 

posted by Descartes at 19:22 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

防災 簡易トイレ

今、防災用品として、食料や水、灯りの他に「簡易トイレ」を備蓄する家庭が増えているそうです。


 

 楽天市場 >> 簡易トイレ(防災・非常用)


その理由は
 避難所に行きたくないから
です。


 hinanjo.png


台風や地震などで、家屋が倒壊した場合はもちろんですが、物資の供給があり、最新の情報も手に入るなどの理由で、避難所は “最も安全に近い場所” のはずです。

しかし、コロナ禍の今は
 避難所は感染症になりやすい場所
でもあるのです。


そして、避難所を利用する理由としては、家屋の倒壊の他に
 家のトイレが使えなくなったから
という理由が、実はとても多いのだそうです。


そのようなことにならないために、今は、防災セットの中に「簡易トイレ」を組み込んでおくことが、推奨されているようです。


簡易トイレは、段ボールなどでできた「組み立て式の簡易トイレ」が、これまでの主流でした。


 


しかし、その他にも “家のトイレ(便器)に設置” して(水も電気も使わずに)使用できるタイプの簡易トイレというものがあります。

「避難所に行かない」ということを前提に考えるならば、こちらを備蓄しておくのも良いのではないでしょうか。


また逆に、「避難所に行かなくてはならない」ときのことも考えて

 ・マスク
 ・消毒用アルコール
 ・個人用ハンドソープ(紙石鹸

などの衛生用品を〔家族の人数×3日分〕用意しておくことも必要です。




防災グッズ bohsai.shop
posted by Descartes at 23:07 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

電気の乗り換えトラブル

今朝放送のNHK「あさイチ」で、“電気の乗り換えトラブル” に関する特集がありました。


 necchusyou_shitsunai.png


 ・家に居る時間が長くなった
 ・熱中症対策で一日中クーラーをつけるようになった

などの理由で、今年の夏の “電気代” が気になって仕方ない人は多いと思います。


そのようなときの対策のひとつとして考えられるのが
「電気の乗り換え(電力会社の変更)」です。


実際問題、この時期「電気の乗り換え」の勧誘電話(あるいはチラシなど)は、とても多いのだそうです。

と同時に多いのが、そういった勧誘から始まる、“電気の乗り換え契約に関するトラブル” とのことです。


「あさイチ」では、そういった勧誘に関し

 ・必ず社名や連絡先を確認する(相手は大手電力会社の名前を出してくる)
 ・電話口でも契約は成立してしまうことを認識する

などの注意点を挙げ、「勧誘を受けてもすぐには契約しない」ことを強調していました。


そして、個人的に驚いたのは、電気の使用状況の目安となる『検針票』の中に「相手(勧誘者)に “絶対に教えてはいけない項目” がある」という情報です。


 denki_kenshinhyo.jpg
 (「東京電力」HPより)


ひとつは「お客様番号」、そしてもうひとつが、検針票の左上にある「地点番号(供給地点特定番号)」と呼ばれるものだそうです。


この2つが相手に知られてしまうと、(悪用しようと思えば)勝手に契約を進めてしまうことも可能とのこと。


これは、恐ろしいです。

「使用状況を知りたいので」などと言われれば、簡単に教えてしまいそうです。


少なくとも、この2つの番号を(電話口で)聞き出そうとしてくる業者には注意したほうが良さそうです。


とは言っても、実際に「電気の乗り換え」を考えた場合、「どこに連絡をしたらよいのか(何を調べたらよいのか)分からない」というのも事実です。


そのような場合、まずは大手電力会社と提携している「電気代一括比較サービス」で

 ・どのような会社があるのか
 ・どれくらい安くなるのか

といったことを調べてみるのも良いかもしれません。


 こちら >> 電気代一括比較サービス


いずれにせよ、自分から発信して手続きを進めることが大事なのではないでしょうか。






posted by Descartes at 23:31 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする