新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年04月14日

黒井戸殺し あまりに意外な真犯人

フジテレビの「黒井戸殺し」を観ました。






「完全にやられた」という感じです。


ネタバレ的なことは書きませんが、“あまりに意外な真犯人” でした。


2時間枠の推理ドラマなどで、配役を見て真犯人がだいたいわかってしまうことがありますが、このドラマはその逆のパターンかもしれません。

ひょっとして、このキャスティング自体が、三谷幸喜が用意した “トリック” だったのでしょうか。


原作はアガサ・クリスティの「アクロイド殺し」ということですが、実は私は、この「アクロイド殺し」という小説を読んだことがありません。


前回放送の「オリエント急行殺人事件」は、真犯人も含めて誰もがその内容を知る原作でした。

そのため、純粋に三谷幸喜の演出を楽しむという見方ができたのですが、今回は逆に、「原作はどのようになっているのか」が気になってしようがありません。





ドラマの予告編では、「映像化不可能と言われた名作」と謳っています。


ストーリー展開のしかたが、今回のドラマとは違っているのでしょうか。

とても気になります。


とにかく、今回は「完全にやられた(騙された)」作品でした。


さらに、シリーズの次回作が制作されることを期待します。


▸ 「黒井戸殺し」の見逃し配信(31日間無料)は

   こちら >> 31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】




posted by Descartes at 23:46 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

太陽の塔 内部公開にドタキャン続出

岡本太郎氏の「太陽の塔」が、3月19日に内部公開開始となりましたが、入場予約者のドタキャンが続出し、実際には7割〜8割の人数しか訪れていないそうです。

 芸術家の岡本太郎が手がけた太陽の塔(大阪府吹田市)で、内部公開の入館予約者のドタキャンが続出している。人気が高く、予約が取りづらい状況が続く一方で、予約者の3割が観覧に訪れない日もあった。
(中略)入館は定員制で、太陽の塔のオフィシャルサイトなどで予約する必要があるが、公開前から申し込みが殺到。(中略)しかし、大阪府によると初日から4月9日までの22日間で、予約者約2万8500人に対し、入館したのは8割の約2万2700人にとどまる。連日予約で満員だが、いずれの日も100人以上が訪れず、300人以上が来なかった日も6日あった。
(「朝日新聞DIGITAL」より抜粋)


太陽の塔がはじめて公開されたのは、1970年の大阪万博のことで、万博終了後もそのまま万博記念公園に残されました。

しかし、その内部が公開になるのは、実に今回が48年ぶりということです。


さらに万博後に行方不明となっていた「地底の太陽」などが再生されたこともあり、今回の内部公開については、多くの人の注目を浴びました。





当然ながら、入場については “事前予約制” という形を取らざるを得ないわけですが、その予約方法に若干問題があったようです。


太陽の塔 オフィシャルサイト」によると、予約の方法は以下の通りです。

  @ 予約は先着順 
  A 4か月先までの予約が可能
  B 1回につき、最大6名まで予約可能
  C 予約手続きをした日から1か月間申し込み不可
  D 料金は当日窓口払い


ドタキャン続出の大きな原因は、おそらく D にあるのではないでしょうか。

予約時に料金を支払う必要がないので、“とりあえず予約” しておく人が多かったのではないかと思います。


また、B についても “とりあえず6名分” 予約する人が多かったのかもしれません。


しかし、そうなるとかわいそうなのは “予約がとれなかった人” です。


予約キャンセルは前日まで受け付けるそうですが、キャンセル料も発生しないので、逆に「キャンセル手続きする必要もない」と考えてしまう人も多いように思います。


さらに、現在のシステムでは、キャンセル分を当日券として発行(予約)することはできないそうです。


その結果、実際問題、毎日何百人という人が “空きがあるのに入れない” という状態が続いています。


必要ないチケットについてはキャンセルするように呼びかけると同時に、たとえ当日でもキャンセル分についての対応(発券)ができるようなシステムを構築すべきと考えます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太陽の塔 (小学館クリエイティブビジュアル) [ 平野暁臣 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)


posted by Descartes at 13:57 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

シグナル 長期未解決事件捜査班

「シグナル 長期未解決事件捜査班」第1話を観ました。


個人的には、今期のドラマの中で期待できる作品のひとつです。





お試しにと思って録画予約しておいたのですが、第1話目にして “毎週オンタイムで観るドラマ” に昇格しました。

はじめは、「99.9」や「アンナチュラル」のような一話完結の推理物っぽいドラマを想像していたのですが、もっと壮大な(時空を超えた)ドラマのようです。


まだ1話目ですので、この先の展開が全く読めないのですが、公式ホームページによると「無線機を通じてつながる “現在” と “過去” の刑事が長期未解決事件に挑む!」とあります。

“タイムリープ” あるいは “タイムパラドックス” 的な要素までが絡んでくるのでしょうか。


今後の展開が、本当に楽しみです。


そして、後から知ったのですが、このドラマの原作(原案)は “韓国のドラマ(キム・ウニ脚本)” なのだそうです。


YouTube に韓国版の予告編がupされていますが、確かに同じもののようです。





こうなると先に韓国版を観てみたい気もしますが、ここはぐっと我慢したほうが良いでしょう。


ちなみに、韓国版は U-NEXT で視聴できるようです。


 こちら >> U-NEXT|30日間無料


それに何と言っても、日本版はキャスティングが本当に素晴らしいです。


ドラマ初主演となる坂口健太郎はもちろんのこと、坂口健太郎に絡む北村一輝と吉瀬美智子、さらには渡部篤郎が刑事部長役でバックからしっかりと支えているところが良いです。


さらには、長谷川京子の犯人役も素晴らしいです。


長谷川京子は最近、この手のサイコパス的な怖い女性を演じることがありますが、とても合っているように感じます。


第2話の放送が、本当に楽しみです。


▸ 第1話の見逃し配信は >> FODプレミアム|31日間無料



posted by Descartes at 23:00 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする