新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年05月12日

タイフェスティバル

今日と明日、代々木公園で「タイフェスティバル」が開催されます。


 こちら >> THAI FESTIVAL TOKYO 2018


どのようなタイ料理を食べることができるのかがもちろん楽しみなのですが、今年は、ステージで行われるイベントの方も気になります。


イベントスケジュールは以下の通りです。


■ 5月12日(土)

10:00〜10:40 開会式
10:50〜11:20 ランナー・ウィエンコーサイ舞踊団によるタイ舞踊
11:30〜11:50 エアアジアによるゲーム
11:50〜12:05 タニット・シークリンディーによるクルイ演奏
12:10〜12:30 タイラット舞踊学校によるタイ舞踊
12:40〜13:00 ウィラサックレック・ムエタイジムによるデモンストレーション
13:10〜13:20 マスクシンガーのパフォーマンス
13:30〜13:50 アース・パッタラウィーのライブ
13:50〜14:10 イン・ワラントンのライブ
14:20〜14:40 BNK48のライブ
14:50〜16:50 グラミーアーティストのライブ
17:00〜17:20 タイ往復航空券(タイ国際航空とエアアジア)が当たる抽選会
17:30〜18:30 サウンド・オブ・サイアム&キットThe Voiceのライブ


■ 5月13日(日)

10:00〜10:40 MFF ASA 85 によるバンド演奏
10:50〜11:20 ランナー・ウィエンコーサイ舞踊団によるタイ舞踊
11:20〜11:30 マスクシンガーのパフォーマンス
11:40〜12:00 エアアジアによるゲーム
12:00〜12:15 タニット・シークリンディーによるクルイ演奏
12:20〜12:40 タイラット舞踊学校によるタイ舞踊
12:50〜13:20 センチャイ・ムエタイジムによるデモンストレーション
13:30〜13:50 アース・パッタラウィーのライブ
13:50〜14:10 イン・ワラントンのライブ
14:20〜14:40 BNK48のライブ
14:50〜16:50 グラミーアーティストのライブ
17:00〜17:20 タイ往復航空券(タイ国際航空とエアアジア)が当たる抽選会
17:30〜18:30 サウンド・オブ・サイアム&キットThe Voiceのライブ


個人的に気になるのは、両日共に14:20からはじまる 「BNK48のライブ」 です。

言わずと知れた、AKB48のタイ(バンコク)版で、現地ではものすごい人気なのだとか。





今年の総選挙にも10名立候補しているということですので、これは楽しみです。


 こちら >> AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 :立候補メンバー


天気も今日は夏日になるとのことで、まさに、絶好の “タイ日和” です。




posted by Descartes at 01:43 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

運賃無料タクシー

日本初の「運賃無料タクシー」サービスが開始になる(かもしれない)そうです。


タクシー乗り場.jpg


 最年少社長として15歳で起業したことで知られる若手実業家が、2019年3月から、日本で初めての無料の配車・運行サービスを始めることが7日、分かった。利用者は専用のアプリを使って配車を受け、車内のディスプレーに店や商品などの情報が流される。走る広告塔として、運賃に当たる運行コストは広告のスポンサーが負担する仕組み。(「SankeiBiz」より抜粋)


ふた昔前なら、「こんなビジネスが成り立つわけがない」「スポンサーがつくわけない」と思ったかもしれません。


車内に広告等を流すことは、現在すでにJRや私鉄の電車の車両で普通に行われています。

そして乗客はと言うと、たしかにディスプレイ表示される広告や情報などを何となく見ています。


広告として、どれ程の効果があるのかについては、少々疑問が残るところですが、今回の「運賃無料タクシー」に関しては、ここにさらにもうひとつアイデアが加わることにより、かなり斬新なサービスとなっているようです。


【記事続き】(中略)具体的には、米ウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車サービスのように、スマートフォンの専用アプリで配車を受ける。アプリからは利用者の情報が送られるため、乗車中、車内の広告ディスプレーには、利用者が関心を持っているファッションブランドやランチのおすすめなどが常時配信される。


パソコンに表示されるグーグルアドセンスなどの自動広告と同じものが、タクシー車内のディスプレイにも表示されるようです。


これは、なかなかのアイデアです。


スマホアカウントと連動させることで、個人の好みにマッチした情報を流すことが可能になるので、広告としてはかなり効果的なのです。

さらに、そのまま車内のディスプレイから、タッチパネル式に注文でも出来れば言うことなしです。


しかし、もしも問題があるとすれば、他の人と一緒に乗車したときでしょうか。

表示されるのは、配車を申し込んだ人の情報にマッチした広告なので、他の人にはあまり関係がないものだからです。


そればかりか、配車を申し込んだ人の好みなどが知られてしまうリスクもあります。


商談でクライアントと乗り合わせたときに、ライバル会社の商品ばかりが表示されることでもあれば、もうアウトです。


こういった点については、改良すべきかもしれません。






posted by Descartes at 00:02 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

柏餅の葉っぱの色が2種類存在する理由

今日は5月5日、子供の日です。


鯉のぼり.jpg


そして、子供の日と言えば、「柏餅」です。


この柏餅の葉っぱは食べても良いのかどうか悩むところですが、“食べないのが正解” なのだそうです。

桜餅の葉っぱのように塩漬けされているわけではないので、少なくとも食べることを想定してはいないと考えるのが正解です。

あくまでも香りを移すところまでが、その役目のようです。


そして、この柏の葉には、緑色のものと茶色のものと2種類が存在します。

さらに、茶色のものは決して枯れているわけではありません。


この2種類が存在する理由は何なのでしょうか?


私は、中の餡子の種類(こしあん、つぶあん)を知らせるために使い分けているのだと思っていたのですが、どうも、そういうルールはないようです。


そればかりか、本来は、緑の葉のみを使うのが一般的であったようです。


柏餅_緑葉.png


柏餅のはじめは江戸時代と言われていますが、その頃の柏餅の葉の色は、すべて緑色だったそうです。


柏の葉は、枯れてしまっても、次の芽が出てくるまでは木から落ちてくることがありません。

その様子が「家系が絶えない」「跡継ぎが絶えない」ことを表し、縁起が良いということで、端午の節句には、お餅を柏の葉でくるんで食べるようになったのです。


そして、江戸時代の暦は「旧暦」です。

旧暦の5月5日というと、現代の6月のことです。


つまり、6月のはじめに柏餅を食べていたことになります。


6月の柏の木には、緑色の大きな葉が生っていました。


しかし、江戸時代が終わり、明治時代になると西洋の文化が入り、暦も「旧暦」から「新暦」に変わりました。


その一方で、端午の節句は「5月5日」のままです。


5月というと、柏の木に葉は生っていますが、まだまだ小さくて、お餅を包むには十分な大きさではありません。


そこで考え出されたのが、前の年のうちに翌年の分の柏の葉を収穫しておくという方法でした。

加えて、1年近くもの間、保管しておかなければなりません。


そして、保管のためには一度 “殺菌” する必要があり、その殺菌の目的で、柏の葉を蒸していたのです。


蒸したことにより、葉っぱは茶色く変色しました。


柏餅_茶葉.png


柏餅の葉が茶色いのは、枯れているわけではなく、蒸したからなのです。


と言いつつも、店頭に並んでいる柏餅には、緑色の葉のものもあります。


いったい、どういうわけでしょう?


実は、現在は「真空パック」などの優れた保存技術があるため、1年近くの間、緑色のまま保存しておくことが可能なのです。


では、すべてを緑色に戻してもよいはずですが、逆に、長い間茶色い葉のものを提供してきたので、茶色の方も残しておきたいというのが、理由のようです。


別にこしあんやつぶあん、あるいは草餅などで使い分けているわけではないようです。






ラベル:柏餅 子供の日
posted by Descartes at 14:01 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする