楽天市場

2018年07月25日

東京オリンピックまであと2年

東京オリンピックまであと2年となりました。

今日一日を通して、テレビでは「東京オリンピックに向けての問題・課題」といった内容の報道が多かったように見受けられます。


その中でも特に多かったのが、「暑さ対策」の問題です。

  猛暑.png


連日、このような猛暑が続くと、当然にその問題に目が行きます。

「命にかかわる危険レベルの暑さ」と連日報じられているように、下手をすると選手の命を奪ってしまうかもしれないのです。


その暑さ対策のひとつとして、現在は、路面に “遮熱材” を散布する特殊舗装工事を行っているそうです。

ですが、全面特殊舗装工事が完了しても、路面の温度は50度近くにまでなるというのですから、まだまだ別の対策が求められることは間違いありません。

マラソン選手や沿道で応援される方の健康が本当に心配です。


さらに、暑さ対策に加えて、先ほど放送の『NEWS23』では “交通機関の混雑” も重要な問題になると指摘されていました。

通勤(ラッシュ)客にオリンピックの観客が加わり、“大変な混雑” が予想されると言うのです。


現在は、通勤客の人の流れとオリンピック客の流れの両方を把握して、“どの時間帯にどの場所が混むのか” をシミュレートする研究をしているのだそうです。

当然、シミュレートされた情報に基づいて、交通機関の増設・整備などの対策も行われると思いますが、個人的には、そのシミュレート情報等をいち早く一般の人に伝える手段についても検討すべきではないかと思っています。


私事ですが、私は小田急線沿線に住んでいて、先の小田急線の複々線化のおかげで、現在は、かなり快適な通勤生活を過ごしています。

しかしその一方で、「まだまだ情報が足りない」と感じているのも事実です。

やたらと快速急行が増えたのは良いのですが、「乗った先でどのようになるのか(どこで何に乗換えができるのか)」の情報が少ないのです。


現在は、乗り換えの駅が近づいたときの “車内アナウンス” によって、情報を得ている状態です。

しかし、出来れば、そういった詳しい情報は “乗る前に” 欲しいものです。


“オリンピック時の混雑“ の問題と絡めて言えば、乗車後に「その電車は混雑が予想される電車です」と知らされるようなものです。


現在は、多くの情報が簡単に手に入るようになり、また、その情報に基づいて行動する術を多くの人が知っています。


オリンピック期間中の混雑を回避するためにも、まずは現在日本に住んでいる人たちが、情報に基づいて(混雑を避けて)行動できるように “予行練習” を重ねておく必要があるのではないでしょうか。


それは、道路の特殊舗装等とは違い「オリンピック開催日までに間に合えばよい」ということではないと思います。






posted by Descartes at 01:09 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

水の表面張力を利用した一輪挿し SHALLOWS

今日放送のTBS『王様のブランチ』に、“水の表面張力を利用した一輪挿し” というフラワーベースが登場しました。


SHALLOWS.jpg


「SHALLOWS」というクリスタル製の一輪挿しで、番組で紹介されたのは、三宅健の行きつけだという青山のライフスタイルショップ「CIBONE Aoyama」です。


 こちら >> CIBONE


2万9千円ほどで販売されているそうです。


そして、このプロダクトの制作は、福岡で家具等のデザインをされている坂下和長さん(「CRITIBA」主催者)。


 こちら >> CRITIBA | KAZUNAGA SAKASHITA


クリスタル製の “円柱” の真ん中に、花を一輪挿す穴が開けられています。


SHALLOWS02.jpg


そして、円柱のトップは深さ5mmほどの “浅瀬” になっていて、ここに水を注ぐことで表面張力を演出してみせるのだそうです。


SHALLOWS03.jpg


水がいっぱいに満たされたフラワーベースの中に “表面張力ぎりぎりに” 花を一輪挿したかのように見えます。


幾つもあると「揺らすと水がこぼれるのではないか」とドキドキさえします。


SHALLOWS04.jpg


昔観た『さらば友よ』という映画で、チャールズ・ブロンソンが表面張力いっぱいのグラスにコインを何枚も入れて行ったあのシーンを思い出します。





こんなおしゃれな一輪挿しを玄関や居間に置いてみたいものです。






posted by Descartes at 19:25 | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

セブンイレブン 生ビールのテスト販売中止

本日より導入予定であった「セブンイレブン」での “生ビールのテスト販売” が中止になったというニュースを目にしました。


 コンビニエンスストア大手のセブン−イレブン・ジャパンは17日、同日から予定していた生ビールのテスト販売開始を中止したことを明らかにした。キリンビールと組み首都圏の数店舗でSサイズ100円で提供を始める予定だったが、「注目が集まり過ぎて販売体制が整えられない」と中止を決めた。
(「毎日新聞」より)


導入予定であった店舗は東京都三鷹市の「三鷹牟礼6丁目店」や埼玉県所沢市の「新所沢駅東口店」などで、いずれにせよ(私の)近所のセブンイレブンへの導入予定はなかったわけですが、「いずれは全店舗で展開するに違いない」と秘かに楽しみにしていたのも事実です。


それが、まさかの中止とは。


連日猛暑が続いているだけに、ショックは意外と大きいです。


真夏の生ビール.jpg


ニュースでは、「注目が集まり過ぎて販売体制が整えられない」ことが理由だとしていますが、いったいどれほどの反響があったのでしょうか?

むしろ反響が大きければ大きいほど、“全店舗展開” へ向けて動き出しそうなものですが、実は、反響というよりは “クレーム” が多かったのではないかと思っています。


ネットやSNSでは、「飲酒運転につながる」「未成年者が購入する」などという心配も多く見受けられますが、私に言わせれば、それらは “論外” です。

飲酒運転や未成年者の飲酒がNGなのは “当たり前” だからです。


私の個人的な考えでは、店内のイートインコーナーが “居酒屋状態” になるのを恐れたのではないだろうかと思うのです。

当然、トイレも使うので、汚される可能性があります。


セブンイレブンではないですが、職場の近くのコンビニのイートインコーナーには、「ここで居眠りや勉強をしないでください」という貼り紙が貼ってあります。

学生達が勉強のために長居をされるのが、迷惑らしいのです。


当然、酔っ払いに長居をされるのも迷惑なはずです。


しかし、そういった状況(本当に酔っ払いがたむろするかどうか)を見極めるための「テスト販売」ではなかったのでしょうか?


テスト販売自体もせずに、いきなり「中止」というのは、どうも納得がいきません。


セブンイレブンで生ビール飲みたかったです・・・。







posted by Descartes at 23:53 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする