楽天市場

2018年08月29日

業務上過失致死と殺人容疑 そして未必の故意

岐阜市の「Y&M藤掛第一病院」で、入院患者が熱中症の疑いで相次いで死亡した事件が、ニュースを騒がせています。

岐阜市の病院で、入院患者が、熱中症の疑いで相次いで死亡した問題。
エアコンが故障したあと、それぞれの病室で使われていたのは、家庭用の扇風機1台だった。
患者の命を預かる病院のずさんな対応が明らかになってきた。
最高気温35.9度を観測した、岐阜市。猛暑日の太陽は、29日もその病室を熱く照らしていた。藤掛第一病院では、26日夜から28日夜にかけ、エアコンが壊れた病室に入院していた80代の男女5人が相次いで死亡。
熱中症の可能性があるとみられ、警察は、殺人容疑で病院を家宅捜索した。
(「FNN PRIME」より)


問題の病院ではエアコンが故障しており、そのため、死亡の原因は “熱中症” によるものと疑われています。


病院の廊下.jpg


ここで、まず第一に起こりうる疑問は

 「何故、病院内にいて、熱中症が防げなかったのか?」

ということだと思います。


病院と言えば、普通は、熱中症の症状を訴える人が運ばれてきて、それを治療する場所だからです。

その逆は、普通は考えられません。


そして、もうひとつ。


今回の報道で “恐らく多くの人が驚いた” ことが、

 「警察は、“殺人容疑で” 病院を家宅捜索した」

という部分ではないでしょうか?


何故、「殺人容疑」なのでしょう。

入院中に起きたことですから、「業務上過失致死」ではないのでしょうか?


『殺人(罪)』の定義は、「故意に人の生命を侵害する犯罪」です。


一方の『業務上過失致死(傷罪)』とは、「業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させる」ことです。


つまり、殺人罪が適用されるには、そこには “人を死なせる” という “故意(意図)” がなくてはならないのです。

いったいどこに殺人の “故意” があったのでしょうか?


ここで、ひとつ思い当たることが、「未必の故意」という考え方です。


未必の故意というのは、「積極的に意図したものではないものの “そうなるかもしれない” と思いながら、その危険をおかして行為すること」といった意味です。

今回の件でいうと、「クーラーが壊れた状態で、病室を移動させなければ “死んでしまうかもしれない” と思いながら、そのまま放置した」ということです。


個人的には、そういった意味で「殺人容疑」として捜査をしているのだろうと思っていましたが、あるニュース番組では「捜査の範囲を広げるために、はじめから “殺人容疑” という形をとったのでは」というようにも解説していました。

業務上過失致死とした場合、「業務」の範囲でしか捜査が出来ないからです。


なるほど、その考え方も納得できます。


さらに「不作為の殺人」という考え方もあるそうです。

これは、文字通りでいうと「何もしなかったので死亡した」という意味です。


今回のケースで言うと、エアコンの効く病室に移動させるという、やるべきことを “やらなかった” 行為が、殺人に値するということです。


いずれにせよ、亡くなった方、そして遺族の方からしてみれば、病院側のとった(あるいは、しなかった)行動は、「殺人行為」以外の何ものでもないでしょう。


詳しいことは、これからの捜査で明らかになっていくと思いますが、今回の事件に、何らかの “故意” がないことを祈るばかりです。



posted by Descartes at 23:38 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

青春高校3年C組 文化祭

平日(月~金)の夕方5時半から『青春高校3年C組』という番組が放送されています。


 青春高校3年C組.png

  こちら >> 青春高校3年C組:テレビ東京


ドラマではなくバラエティー番組です。


MC(副担任)は、NGT48の中井りか

メンバー(生徒)は、全員 “(元)素人”


そして今日は、高田馬場にある大学(東京富士大学)の大講堂を借りて、キャパ1,000人の「文化祭」が行われました。


 こちら >> 青春高校3年C組 本日文化祭!


私は現地には行けませんでしたが、いつもの放送時間(5時半〜6時)に文化祭のステージの様子が生放送されたので、そちらで見ることができました。


これが、なかなか(というよりかなり)良いのです!


『青春高校3年C組』は4月に始まった番組で、毎週、入学希望者を募り、一週間の活動の後に入学者を決定するという内容のもので、生徒全員(27名)が揃ったのは、6月くらいであったように記憶しています。





正直な話、“理想のクラスを目指す” ということですが、具体的に何を目指しているのかが、イマイチはっきりしない番組でした。
(はじめの頃は秋元康が中井りかのために作った番組企画だと思って観てました。)


そして、その一番最初となる “公の場” でのお披露目の場が、今日の「文化祭」です。

お客さんはお金を払って来ているので、当然、失敗は許されません。


しかも、準備の期間は2ヶ月も無いという状況でした。


素人の中でも、どちらかと言うと、さらにパットしない人たちが集まっているクラスのように思えるだけに、どのようなステージになるのか心配でしたが、

結果的には、本当に “素晴らしい” 内容でした。


思えば、「生放送」という “失敗は許されない” 状況を毎日経験しているだけに、ある意味、プレッシャーには強いのかもしれません。


今後、3年C組がどのような活動をするのか、そして卒業後の彼ら・彼女たちがどのような道に進むのか、気になるところです。






posted by Descartes at 20:31 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

障害者雇用 水増し

国土交通省や総務省などの中央省庁が障害者の雇用(割合)について “水増し報告” していたことがニュースになりましたが、同様のことが、地方自治体においてもなされていたようです。

 障害者雇用促進法で義務づけられている障害者の法定雇用率をめぐり、山形県と愛媛県は20日、対象外の職員を算入していたと発表した。国の複数の中央省庁で疑いが出ている雇用率の水増しが、地方自治体でも広がっている実態が明らかになった。また、新たに総務省が水増しを、国土交通省が水増しがあった可能性をそれぞれ認めた。
(「朝日新聞 DIGITAL」より抜粋)


あり得ない話です。


どういうつもり(意図)であったのか、真実を知りたいところです。


上の記事にある「障害者雇用促進法で義務づけられている障害者の法定雇用率」というのは、国や地方自治体に関しては、現在は2.5%とされています。

そして、この場合の「障害者」は、“障害者手帳の所持者” や “医師の診断書のある人” のことを指します。


 障害者手帳.jpg


そして、この点につき、本来は障害者ではない人を “水増し報告” していたということなのですが、


ある自治体では

 「診断書を確認せずに自己申告に基づいて職員が障害等級を判断してしまった」

と言い、ある自治体では

 「 “プライバシーへの配慮” を理由に障害者手帳の有無を確認していなかった」

と言い、さらには

 「担当者の制度の理解が十分でなかった」

と言います。


ですが、“お役所” なのに、そんなことが果たしてあるでしょうか?

少なくとも、ふだんは(我々には)必要書類を揃えるように要求してくるところです。


明らかに「水増し」が目的であったと、個人的には考えています。


そしてその理由は、補助金や助成金目当てなどと言うことではなく、単に「雇いたくなかった」からなのです(と思います)。


はなっからカウントに入れるつもりなどなかったということです。


とても障害者の雇用と自立支援を積極的に行うべき人たちの行うことではありません。


ただ、ただ、信じられないばかりです。






posted by Descartes at 23:16 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする