楽天市場

2019年04月14日

文春オンライン 悲痛告白

『文春オンライン』に

 「悲痛告白 欅坂46・今泉佑唯“卒業の真相”は陰湿イジメだった」

というタイトルの記事が掲載されました。


 こちら >> 悲痛告白 欅坂46・今泉佑唯“卒業の真相”は陰湿イジメだった | 文春オンライン


何故、今の時期なのか?


思うに、本文中に「イジメは別の人気メンバーにも波及するなど、”第2のNGT事件”の様相を呈している」とあるように、“第二のNGT事件” いわば “二匹目のドジョウ” を狙ってのものであることは明白です。


その証拠に

 「運営側」
 「5人のメンバー」
 「事実隠蔽」
 「主犯格5人を辞めさせる」

などなど、山口真帆の “悲痛な訴え” を “悪用” した記事構成になっています。


 


今泉佑唯の卒業(&長期休業)に関しては、(今泉佑唯本人の)並々ならぬ心労・葛藤があったことは間違いありません。

何らかの “事件” のような “出来事” もあったかもしれません。


 


しかし、本人が女優として “独り立ち” しようとしている “今” のこの時期に、それを記事にする意味が分かりません。

しかも、取材先は本人ではなく “近親者” です。


やはり、”NGT事件” が “長引いている” ことに味をしめての行動としか思えないのです。


(一般人として)普通に「欅坂46」も「NGT48」も応援してきた自分としては、こういうことは(冷静に)あってはならないことだと思います。


そして、この『文春オンライン』の記事を読んだ今泉佑唯のファンの方々も、“記事に踊らされる” ことのないように気をつけて欲しいものだと思います。


あくまでも個人的な見解ですが、タイトルに「悲痛」や「悲報」などと付いている記事は、“読ませること(あるいは、拡散されること)” だけが目的のものが多いように感じます。






posted by Descartes at 01:53 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする