楽天市場

2019年05月26日

インデペンデンス・デイ

今日はテレビで、映画『インデペンデンス・デイ』の放映がありました。


 

 ▸ 「インデペンデンス・デイ」の動画視聴・あらすじ


もう何度も観ている映画ですが、結局、最後まで観てしまいました。


この映画での、好きなシーンや設定は幾つもありますが、私がこの映画で最も評価していること(設定)は、上空に出現したUFOが “あまりにも巨大” であることです。(映画上の設定では、全長24kmとのことです。)


その一方で、私が子供の頃に思い描いていたUFOのイメージ(サイズ)はもっと小さくて、飛行機で言えば、自家用機ぐらいの大きさでした。


宇宙人が2〜3人で運転しているイメージしかなかったのです。


しかし、よく考えてみると、はるか遠く “宇宙の彼方” からやって来るわけですから、そんな小さな機体では、十分な食料や燃料を積めるはずもありません。

移動距離にもよりますが、本来ならば、ひとつの “都市” ぐらいの大きさがないと、長い距離を何日(何年?)もかけて移動することなど出来ないのです。


 UFO.jpg


また、同じく子供の頃には、ネス湖にはネッシーがいると信じていましたが、これもよく考えてみると、古代の恐竜が生存する場としては、湖は小さ過ぎます。


 ネス湖.jpg


少なくとも、大海原ぐらいの広さがないといけないはずなのです。


最近リメイクされている『ゴジラ』映画などを観ても思うのですが、最近の映画(の設定)はかなり現実的で、「子供の頃に想像していたことが “実際に起こったら” こうでなくてはならない」といったような内容のものが多いように感じます。

様々な想像を働かせてきた “当時の子供たち” が大人になって、当時の想像を検証しているのでしょうか。


それは、逆に言えば「子供の頃の夢をまだ諦めていない」ということかもしれません。


昭和から平成、平成から令和へと時代は移りました。

そろそろ、“実際のニュース“ で本物のUFOやUMAの映像が流れる日も近いのではないでしょうか。


少なくとも「ツチノコ」は、近いうちに捕獲されそうな予感がしています。




posted by Descartes at 01:26 | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

荻野由佳 脅迫文

NGT48荻野由佳を名指しして「殺す」とした脅迫文が(放送局などに)届き、容疑者の男が逮捕されたそうです。

NGT48荻野由佳(20)について「殺す」と書いた紙をファクスで送信し脅したとして新潟県警は20日、脅迫の疑いで、京都府城陽市の無職堂本一輝容疑者(24)を逮捕した。
新潟中央署によると、逮捕容疑は今月9日、荻野の名前と「殺す」と繰り返し書いたA4用紙1枚を、京都市内のコンビニエンスストアから、新潟県内の放送局にファクスで送信した疑い。被害者と運営会社から代理人弁護士を通じて被害届が提出され、捜査の上、逮捕につながったという。
(「日刊スポーツ」より抜粋)


 


普通に考えて、これは「あってはならないこと」です。

「これは」というのは、“「殺す」と書いた紙をファックスで送信すること” です。


そして、もうひとつ「あってはならないこと」が起きています。

それは、この(脅迫)事件に対して、一部の人たちが次のようなコメント(書き込み)をしていることです。

 ・脅迫する気持ちもわかる
 ・同情しない、可哀想なんて思わない
 ・自業自得


これは、いったいどういうことでしょう?


この人たちは、例えばこれが、脅迫文ではなく、荻野由佳が実際に殺されてしまった(もしくは大怪我をさせられた)といったような事件だったとしても同じようなコメントを発するのでしょうか。
(実際にそうだとしたら、恐怖でしかありませんが・・・)


しかも、どのコメントも(何の根拠もない)“勝手な憶測” から来ているものです。


さらに、書き込みで最も多かったのが、

 ・殺害予告の犯人は逮捕されて、まほほん襲った犯人は逮捕されないのは何故?

というもの。


「荻野由佳は事務所や運営側から “特別な力” で守られているから」

というのが、彼らの持論のようですが、“まほほん襲った犯人” も逮捕されていることを忘れてしまっています。

逮捕後に「不起訴」となったというだけで、そういう意味では、今回の “殺害予告の犯人” についても、どのような形になるのかは分からないのです。


また、コメントの中に「事務所としてシロであることをちゃんと釈明しないのがいけない」というのもありましたが、そういうことをさせない(出来ない)ような状況にしているのも彼らです。

おそらく、何をコメントしようとも “完全否定” する方向に持っていかれるのではないでしょうか。


しかしその一方で、

“無実を主張” することは、やはり大事

だとは思います。


先週、『デイリー新潮』が、「事件直後の録音データ」というものを公開しました。

 こちら >> NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、犯人との生々しいやり取りを再現

第三者委員会の報告書にも同様のやりとりは記録されていましたが、さらに “生々しい” 内容のものです。


そして、この録音データを聴く(読む)限りでは、メンバーとファンとのつながりは否定できないものの、「メンバーの事件への “直接関与” 」については、“あった” とは言えないのです。

少なくとも、山口真帆がしきりに(実行犯に対し)問いただしている「Cの事件への関与」に関しては、(何度も問いただして否定されているだけに)“無かった” としか言いようがありません。


もちろん、Cが誰なのかは分かりません。

しかし、どういうわけか、山口真帆は “Cが事件に関わっている” ことにしたくて仕方ない感じです。


単純に考えて、「山口真帆とCは仲が悪い」ことが分かります。


そして、今回の一連の騒動が長引いている理由は “運営の対応のまずさ” というのもあるでしょうが、(長きに亘る)こういったメンバー間の “軋轢” が根底にあるのだろうなと思います。


この問題を解決するには、「チーム制の廃止」などでは駄目なのかもしれません。


最後に、どのような事情であれ、一人の人間に対する「殺害予告」のような行為は、決して許されることではないですし、さらに、その行為(報道)を受けて「ざまあみろ」的な発言をすることは、“人間として終わっている” としか思えません。






posted by Descartes at 17:00 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

あなたの番です 第4話

昨日は日本テレビのドラマ「あなたの番です」の第4話でした。


 

 こちら >> あなたの番です | Hulu


実を言うと、これまでは、わりと軽い気持ちで毎週観ていたのですが、昨日放送の第4話は “かなり衝撃的な” 展開でした。

「誰が殺されたか」ということよりも、今まで明かされていなかった(人間関係の)秘密がひとつ、明かになったからです。


ネタバレ的なことは書きませんが、

 ・なぜ、菜奈(原田知世)は結婚届けを出したがらない
  (あるいは、出せない)のか?

 ・細川朝男(野間口徹)とは、一体、誰なのか?

などが、少しずつはっきりとしてきて、


その結果、

 この殺人事件は、単なる偶然なんかじゃない

とはっきり思えてきます。


木を隠すには、森の中

 死体を隠すには、死体(大量殺人)の中

というわけでしょうか?


個人的には、ただ一人を殺すための “計画殺人” であるように思います。

そうすると、犯人は “大量殺人” のきっかけを作った人物・・・。


秋元康(原案)を少し侮っていたようです。


今後の展開から目が離せません。




Huluオリジナルストーリー「扉の向こう」 も配信中

posted by Descartes at 15:56 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする