楽天市場

2019年07月30日

N国党 丸山穂高議員

「NHKから国民を守る党(N国党)」に “戦争発言” の丸山穂高議員が入党するそうです。

 無所属の丸山穂高衆院議員は29日、NHKから国民を守る党の立花孝志代表と国会内で会談し、同日付で入党すると伝えた。この後、丸山氏とともに記者会見した立花氏は歓迎する意向を表明。ほかにも11人の国会議員に入党を打診していることを明らかにした。
 入党の理由について丸山氏は「無所属ではできることが限られる。(NHKに受信料を支払った人だけが番組を視聴できる)スクランブル化の実現1点で共闘する」と説明した。
 丸山氏入党によりN国の国会議員は参院選で当選した立花氏に続き、2人目となった。立花氏は「増えてうれしい。1人と2人では大きく違う」と語った。
(「時事ドットコムニュース」より抜粋)


N国党の公約である「NHKスクランブル化」については、以前にも記事にしました。


 以前の記事はこちら >> NHKスクランブル化


この公約自体には、私はどちらかというと肯定的です。

“公共放送のあり方” という問題は残るものの、NHK受信料徴収システムについては、長年に亘って多くの人が不満を持ってきたことは事実ですし、

逆に言うと、NHKのスクランブル化というのは、“正しく受信料を払っている人” たちのためでもあるからです。


「料金を払っている人だけが見ることができる」という当たり前のことが、実現する可能性が出てきたのです。


そして、“老後のために2000万円を貯蓄しなければいけない” と言われている今、

 「NHK受信料は高いのか、安いのか」
 「NHKは本当に必要なのか」

そういった、新たな議論が生まれる可能性もあります。


その点では、N国党が国会に1議席を獲得したことの意味は大きいです。


しかし、そのN国党に丸山穂高議員が入党するとなると、話は違ってきます。

(個人的な意見ですが)丸山穂高議員は、“国民から支持されていない” からです。


N国党代表・立花孝志氏が丸山穂高議員に入党を打診した理由ですが、

 ・人数が増えることで国会での発言の場が増える

ただこの一点だけであると、私は理解しています。


言ってみれば、「誰でもよかった」わけです。


それでも「誰でもいい」わけではありません。


今は、立花孝志氏がうまく丸山穂高議員をコントロールできる人間であることを祈るばかりです。


ラベル:NHK 丸山穂高 N国党
posted by Descartes at 16:43 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

土用丑の日 食品ロス

今日は「土用丑の日」

一般的に「うなぎを食べる日」と言われている日です。


 


そして、この「土用丑の日」に関して、最近ニュースになったことのひとつに、環境省の「土用のウナギはご予約を」ツイッター事件があります。


 環境庁うなぎツイート.png


上のようなツイートを行ったところ、「絶滅危惧類に指定されたウナギを食べることを推奨するのですか?」と炎上し、環境省がツイートを削除したのだそうです。
(正確に言うと、指摘を受けてすぐに削除したそうですが、削除したことが逆に炎上し、拡散されてしまったとのこと。)


この事件から言えることは

「今の人たちは、つくづく “炎上” が好きなんだな」

ということです。


環境省のツイートは、どこをどう読んでも「食品ロス」の話であり、それがどれ位重要な問題であるかは、「恵方巻き」大量廃棄のニュース映像などからも、皆、知っていることです。

環境省のツイートは、あのようなことが起きないように、“予防的に” 注意を促したものであることは明白です。


「大事にいただきましょう」とは書いていますが、何も「積極的に食べましょう」と言っているわけではないのです。


普通に考えて分かるはずのことなのに、わざわざ「揚げ足」を見つけて、炎上を誘うような行為は、“絶滅危惧類を守りたい” という気持ちとは程遠いものと考えます。


・・・と、まとめたいところですが、この事件には、さらに続きがありました


環境省のツイートに使われていた「うな重」の画像が、『ぐるなび』に投稿されていた画像の “無断転用” であったらしいのです。


 ▸ ポイントやマイルが2倍貯まる【ぐるなび】


これは、さすがに言い訳できません。


少しでも落ち度があると、“正しい釈明” もできなくなってしまいます。

やはり、普段からの行い(コンプライアンス)が大事ということでしょうか。




 ▸ 旬の人気特産品ランキング


posted by Descartes at 17:41 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

NHKスクランブル化

本日(昨日)の「毎日新聞」に以下のような記事があります。

 石田真敏総務相は23日の記者会見で、参院選で議席を初めて獲得した「NHKから国民を守る党」が主張する、NHKに受信料を払った人だけが番組を視聴できるスクランブル放送の実現に否定的な考えを示した。
 石田氏は「NHKには災害報道や政見放送など公共放送の社会的使命を果たすことが求められ、国民が広く公平に負担する受信料で支える制度としてきた」と説明。「NHK予算は国会で全会一致で承認され、定着してきた」とも述べ、現行制度の維持に理解を求めた。
 これに関連し、NHK経営委員会の石原進委員長(JR九州相談役)は23日、「スクランブル放送は一見合理的に見えるが、分け隔てなく全国に放送するという公共放送の理念と矛盾し、問題がある」と語った。この日の委員会後、記者団の取材に応じた。
(「毎日新聞」記事より抜粋)


先日の参院選で「NHKから国民を守る党(N国党)」が、1議席(全国比例)を獲得したことを受けての総務相発言です。


 


N国党が議席を獲得したことについては、正直、私も驚いています。

おそらく多くの人が、「N国党は黙殺される運命」と思っていたのではないでしょうか?


しかし、実際には13万票を得票し議席を獲得、「国会に議席を持たない政治団体」ではなくなりました。


  何故?
  いったい誰が?


様々な意見や憶測はあるでしょうが、しかし、この結果も “国民の声” であることに間違いはありません。


N国党は、「NHKから被害を受けている視聴者・国民を全力で、命がけで、守る」こと “だけ” をおもに掲げてきただけに、13万票の思いも “ひとつ” であると考えるのが妥当です。


そういう意味では、(総務相は)この結果を “真摯に” 受け止め、多少なりとも「NHKスクランブル化」もしくは「受信料制度の見直し」について検討してみるべきだとは思います。

「スクランブル化」自体はまったく不可能な話ではありませんし、
「(スクランブル放送は)分け隔てなく全国に放送するという公共放送の理念と矛盾し、問題がある」というのも、筋が通っているとも思えません。


現在は、受信料を払っている人も、払っていない人も “分け隔てなく” NHKの放送を観ることができます。

しかしその一方で、「(本当に)観ていない人も受信料を払っている」という事実があります。


私事になりますが、昨年、実家の母親が、衛星放送を観ていないにもかかわらず(実家のテレビは衛星放送が受信できないので)、「衛星契約」の受信料を支払っているという事実に気付き、こちらからNHKに連絡をして「地上契約」に戻してもらうという “事件” がありました。

もちろん、それまで払い過ぎていた分については一円も返金されません。


手続きについても “電話でその場で” ではなく、

 @ NHKからの書類が届くのを待って
 A 記入して、提出して
 B NHKでの承認後、翌月から

みたいな感じだったと記憶しています。


当然、文句は言いましたが、NHKの “言い分” は「お客様からの申し出に従って徴収しているだけ」というものでした。


もう10年以上も前の話なので、何故そういうことになったのかは分かりません。

しかし、

普通に考えて、実家の母親がNHKに連絡して、(観もしない)衛星放送の申請をするとは思えないのです。


おそらく、何かの問い合わせをしたときに、言われるままに、高い方の契約に切り替えてしまったのだろうと思います。(母親は「高い方がいいに決まっている」といったような考え方があるので)

もしくは、「衛星放送を受信できるテレビ等」の意味がよく分かっていなかったのかもしれません。


そして、このような事件(トラブル)も、「スクランブル化することで防げたのでは」と思ってしまうのです。


今回の「N国党、議席獲得」のニュースを見て、“思い出したくもないこと” を思い出してしまいました。


早く「安心して受信料が払える」ようになって欲しいと思います。




ラベル:N国党 NHK 参院選
posted by Descartes at 00:41 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする