楽天市場

2019年10月30日

大家志津香の模範回答

こんな記事を見つけました。

 AKB48が、台風19号による大雨で土砂災害や家屋の浸水など甚大な被害を受けた宮城県丸森町を訪れ炊き出しを行った。
丸森町では12日に上陸した台風19号の被害で10人が死亡、1人が行方不明となり、25日は低気圧と台風21号接近による影響で大雨が降って一部の地域が冠水した。
 そんななか、大家志津香が自身のTwitterで「丸森町で炊き出しのお手伝いやボランティアささていただいてます。町の方や県外から来たボランティアの方みんな泥だらけでがんばってました」(原文ママ)とつぶやいたところ、ある反応があった。
「させていただいていますってのも変な日本語かと思いますけど。ある意味それ仕事だからね。時間とお金があれば俺もいくよ。むしろ仙台以外に行くと思うけどね。それ見るとボランティアではなく仕事だなって感じる。無償で自発的に社会活動に参加したり…自発的に!」というツイートだ。
 大家はその声に対して、「確かに仕事ですし ボランティアの方と比べるとやれてる事はほんの些細な事ですが 仕事だとしてもやらないよりはやる方がいいと私は思います いろんな被災地を訪問する機会があって、自分の目で今起きてる事を確認し少しでも多くの人に現状を伝える事が出来る この職業で良かったと思います」とスマイルの絵文字とともに返信した。
(「Techinsight(テックインサイト)」記事より抜粋・一部省略)


 大家志津香ツイッター >> 大家志津香(しーちゃん)さんのツイート


 


この記事を読んで、おそらく多くの人(ほぼ全員)が思うことは、

 「大家志津香が正しい」

ということです。


まさに、模範回答 と言えます。


そして、「ある意味それ仕事だからね。時間とお金があれば俺もいくよ。」とツイートしたこの人物は、

スマホを片手に世の中を批判する人の “典型” と言えます。


「時間とお金があれば俺もいくよ」と本人が言っていることからも、この人は、間違ってもボランティア活動などはやらないと思います。


こういう人の発言は無視するに限るのですが、無視することができなかったのは、

やはり “実際に多くの被災地を見てきた” 大家志津香だからでしょうか。





posted by Descartes at 16:20 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

同期のサクラ

今期のドラマの中で、注目しているドラマのひとつ「同期のサクラ」

今日(日付変わって昨日)は、その第3話(ドラマ的には3年目)の放送でした。


 


       こちら >> 同期のサクラ|日本テレビ
 見逃した方はこちら >> 同期のサクラ #3(10月23日) | 日テレ無料


・・・泣いてしまいました。


本当に、“いいドラマ” だと思います。


今日の第3話をもって、「同期のサクラ」は(私の中では) “最終回まで欠かさず(オンタイムで)見るドラマ” に昇格しました。


 このドラマ(脚本)には嘘がない


自然とそう思える内容です。


そして、今日の放送回上の日付である「2011年3月11日」。

デジタル時計の表示が、3月11日を示したときには気付きませんでしたが、入社3年目に取り上げられた “この日” は、あの「東日本大震災」発生の日でした。


多くの日本人が、決して忘れることのできない日 です。


そして、私にとっては、長年勤めた会社を辞めるきっかけになった日でもあります。

いろいろなことが思い出されたこともあり、思わず泣いてしまいました。


と同時に、「もう8年も経っているのだな」と “感慨深い” ものがあります。


あの頃は本当に大変だったと、今、あらためて思います。

そして、その中にあって(ドラマの舞台である)花村建設は、とても良い会社のように思えます。


最終回を迎えて、サクラと “同期の仲間たち” が、震災後の8年間をどのように生きてきたのか、早く知りたいものです。





posted by Descartes at 01:13 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

横浜市 送った画像を元に粗大ゴミの種類や料金を案内するシステム

横浜市が、インターネットの粗大ゴミ受付ページに、AIを用い「送った画像を元に粗大ゴミの種類や料金を案内するシステム」を導入したそうです。


 ディープラーニングを使い、写真から粗大ごみの種類を判別する――横浜市が、粗大ごみ受付チャットシステムにこんなサービスを導入した。利用者からの質問に自動応答し、受付業務を軽減する。
 利用者がチャット上で粗大ごみの画像を送ると、AIがごみの種類を判別し、手数料や捨て方をテキストで教えてくれる。例えば椅子の画像を送ると、「ソファー・応接用いす・ソファーベッド」「いす」「ズボンプレッサー」などと表示。チャット上ではチャットbotだけでなく人間のオペレーターも対応する。
(「ITmedia NEWS」より抜粋引用)


これは、素晴らしいです。


ここで用いられているシステムは、中古車のオークションなどを行う『オークネット』の子会社「オークネット・アイビーエス」が開発した画像認識サービス「SODAI Vision API」というものだそうです。


 中古車選び.jpg


中古車の車種などを特定するシステムを粗大ゴミの判別に取り入れたということでしょうか。


私は以前に、東京都の渋谷区に住んでいたことがありますが、ある時期に、自宅の一部を事務所に改造するため、家具などの “粗大ゴミ” を大量に処分(廃棄)したことがあります。

渋谷区(東京都)は、粗大ゴミ回収のすべて(申し込みから料金計算・回収日の指定まで)をインターネットで済ませることができるのですが、そのときの “粗大ゴミの品目” が何百種類とあり、自分のゴミがどれに該当するのか探すのに苦労した記憶があります。

そして、どうしても分からないものについては、電話をかけて確認するしかないのですが、そこから先が、なかなか先に進まないのです。

元々、粗大ゴミの内容(種類)が分からずに電話しているのですから、当然ながら、電話口の相手にもうまく伝えることができません。


「このようなとき、画像を撮って送ることができたら便利なのに」


と思っていたところ、それが、横浜市のほうで実現したようです。


しかも、種類の判別までをAIが行ってくれるのだといいます。


AIって、 どこまで凄いのでしょうか。


これで、職員の負担が大きく減ることは間違いありません。


>> 不用品回収 買取 処分ガイド



お引越しで整理したいモノの買取専門/バイセル

posted by Descartes at 01:42 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする