新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年11月23日

大粒ラムネ

『日経クロストレンド』に「森永大粒ラムネが飛躍 1.5倍に大きくしたら売上2倍に」という記事が掲載されていました。

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2019年ヒット商品ベスト30」15位に「大粒ラムネ」が選ばれた。大人向けにラムネ粒を1.5倍に大きくした製品が、定番の「森永ラムネ」を超える勢い。「集中力アップにはブドウ糖」の意識が社会人にも定着した。
(中略)兆しは2014年ごろからあった。SNSで「勉強中の集中力アップには、ラムネが効果的」というクチコミが受験生を中心に広まり、森永ラムネがじわじわと販売数を伸ばしたのだ。ラムネの成分は90%がブドウ糖で、ストレートに脳の栄養になる。
 この動きを受け、森永製菓は仕事中に食べる大人向けのラムネを企画する。当初はウコンやかんきつ類が入ったラムネを製品化したが、いずれもヒットせず。そこで“原点回帰”して投入したのが、通常のラムネ粒を1.5倍に拡大し、音がせず携帯しやすい小袋パッケージに入れた大粒ラムネだ。
(『日経クロストレンド』より抜粋)


 

キーワード:



「1.5倍にしたら2倍になった」というのは、費用対効果としては抜群です。

しかも、はじめウコンやかんきつ類が入ったラムネを製品化ところヒットせず、「元のまま大きさだけを変えたところ大ヒットとなった」というのが面白いです。


いったい、何がヒットの要因だったのでしょうか。


そもそも「1.5倍」というのは、それほど大きいわけでもありません。

また、(元々の)ラムネ自体が小粒なので、たくさん補給したければ、2粒食べればよいだけの話です。


「2倍」では多すぎたということでしょうか。


個人的には、単に「ラムネを食べる理由」が欲しかったのではないかと考えます。


ラムネはロングランのヒット商品ですが、それほど “積極的に” 食べるものでもありません。

しかしその一方で、“たまに食べてみたくなる” 食品(お菓子)でもあるのです。


そこに来て

 @ 集中力アップにはブドウ糖が必要
 A ブドウ糖の摂取にはラムネが効果的
 B 1.5倍の “最適サイズ” なラムネが登場

という情報がぴったりとはまって “ヒット商品” となったのではないでしょうか。


これから先は、このヒットを受けて、大粒ラムネの様々なバリーエーション(味違い、色違いなど)が増えていくように感じます。


posted by Descartes at 14:35 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

酉の市 熊手の買い方

今日は、2回目の「酉の市」(二の酉)です。
(11月の “酉の日” に行われるので、酉の市と言います。)


酉の市で有名なのは、浅草の鷲(おおとり)神社。

このように神社の名前に「とり」の文字が付いている神社は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)をまつっている神社で、「強い神社」なのだそうです。


 日本武尊.jpg


そこで、〔強い ⇒ 栄える ⇒ 商売繁盛〕となり、酉の市は、来年の福を呼び込むために年末近くに行われる一大イベントとされています。


そして、“酉の市で買うもの” と言えば、ご存知の通り「熊手」です。


 


実は、この熊手は、日本武尊が “武器” として使っていたのだそうです。


日本武尊が、戦勝祈願のお礼参りに神社を訪れた日が「11月の酉の日」で、そのときに、持っていた熊手を社前の松に立てかけたことから、縁起物として扱われるようになったと言われています。


そして、この熊手は「商売繁盛」(のみ)を願うものだと思われがちなのですが、よく見ると「恋愛成就」「家内安全」など、いろいろな言葉が書かれていることに気付きます。

ですから、自分(の願い)にあった熊手を “選んで” 買わなければならないのです。

また、大きさについては、“自分の身の丈” にあった大きさを買うのが基本で、それを毎年、徐々に大きなものにしていくことが理想とされています。

 @ 自分の身の丈” にあった大きさ
 A 自分の願いにあった飾り

と探していくと、熊手選びも随分と楽しくなってきます。


そしてさらに、この熊手の買い方ですが、 “値切って買う” のが普通なのだとか。

そしてさらに、その “値切った分” をお店に「ご祝儀」として置いて帰るのが “粋(イキ)” なのだそうです。


 酉の市での熊手の買い方(手順)

  @ 熊手の値段を聞く(熊手には値札が付いていません)
  A 値切る(例えば、1万円と言われたら、8千円に値切る)
  B 1万円を支払い、お釣りの2千円を受け取る
  C 「ご祝儀です」と言って、受け取った2千円を渡す



結局、最初の値段に戻るわけですが、この手順を踏むことで、より福を呼び込むことができるのだとか。


これは、内気な人にはかなりハードルが高そうなステップですね。


しかし、このハードルを越えてこそ、翌年にさらに大きな熊手を買えるようになるのかもしれません。


そして、買った熊手は(福をかき込むように)高く掲げて帰るのがよいそうです。


   


酉の市には、意外と知られていないルール(?)がたくさんあります。

そして、こういったルールを知ることで、逆に、酉の市に行くのが楽しくなってくるのも事実です。


是非、実践してみてください。

 

ラベル:神社 熊手 酉の市
posted by Descartes at 02:26 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする