新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年03月31日

志村けんさん 死去

志村けんさんが、新型コロナウィルスによる肺炎のため死去されました。


 

 志村けん―わたしはあきらめない


言いたいこと、思い出すことは沢山ありますが、ただひとつだけ言うならば、

これこそが、新型コロナウィルスの怖さ なのだと思います。


おそらく、多くの人が(=全員が)「志村けんは回復に向かい、元気な姿を見せる」と思っていたはずです。


しかし、新型コロナウィルスは、“何かのきっかけで” 発症し、

そして、本当に突然に、そのまま亡くなってしまうこともあり得るのです。


このニュースにより、新型コロナウィルの危険についてあらためて考え、「外出自粛要請」など、いま一度、真剣に考えるべきだなのだと感じました。

そういった意味で、志村けんさんは、身をもって(死をもって)「新型コロナウィルスの危険性を我々日本国民に伝えたかった」のかもしれません。


そう考えないと、志村けんさんの死は、あまりにも悲し過ぎるのです。


言葉のニュアンスは多少違うかもしれませんが、小池都知事がコメントしたように、これは、志村けんさんの「最後の功績」と言えます。


そして、我々は、この功績を活かさなければならないのだと思います。


 

posted by Descartes at 02:14 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

新型コロナ 正しいリスク・マネジメント

昨日、東京都内の新型コロナウィルス感染者が41人となったことを受けて、小池都知事が緊急会見を開き、

 @ 平日はできるだけ仕事は自宅でおこなっていただき
 A 夜間の外出もお控えいただき
 B この週末、お急ぎでない外出はぜひとも控えていただきたい

との要請を行いました。


そして、その要請を受けて、都内のスーパーでは “買いだめ” が行なわれ、品薄状態となってしまったようです。

 小池百合子・東京都知事が今週末の外出自粛などを都民に求めた25日夜の記者会見。その直後から、都内のスーパーではあわてて食料品を買い込む人たちの姿がみられた。スーパー業界は「生産が止まり、商品が全くなくなる状況は考えられない」と、冷静な行動を呼びかける。
(「朝日新聞 DIGITAL」より)

 kaishime.png


想像していた通りの結果です。


外出自粛の要請が出たことにより、「食料品が無くなってしまうのではないか」という “危険” を察知し、慌ててスーパーへと走ったわけです。


では、同じように今週末には「新型コロナに感染するかもしれない」との “危険” を察知し、皆、家で大人しくするでしょうか。


私は、そうは思いません。


おそらく、既に予定が入っていた人は、“決行” することでしょう。


「リスク・マネジメント」とは、“常に最悪の事態を想定すること” です。


今回で言えば、「さらに感染者が増えてしまうかもしれない」ということが、“最悪の事態” です。

ところが、「自分の周りでは、それほど感染した人がいない」などの理由から、「もう大丈夫なんじゃない?」と油断している人が多いのが、現状のようです。


その一方で、「皆がスーパーに殺到して、品物が無くなってしまうのではないか?」という “最悪の事態” については、容易に想像がつくらしく、何の根拠もなしに、買いだめに走ってしまいます。


しかし、実際には “商品がまったく無くなる” という状況は考えづらいのです。

一方で、“感染がますます広がる” という状況については、このままでは十分に起こりえることです。


どうか、正しいリスク・マネジメントの元に、正しい行動をして欲しいものです。


そして、この週末は、(本当に)外出を控えていただきたいものです。


「ゴーストタウンとなった東京を(テレビ中継で)見てみたい」という理由でも何でもよいです。

とにかく、小池都知事の言葉を信じて、外出を控えてみてはいかがでしょうか。



posted by Descartes at 22:38 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

スマホ 除菌ボックス

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、今、スマホの「除菌ボックス(殺菌ボックス)」が、注目を浴びているのだそうです。


 スマホ除菌ボックス.png

  こちら >> スマホ UV 99.9% 殺菌ボックス


新型コロナウィルスは、ウィルスに汚染されたもの表面を触ることでうつることが分かっています。

つまり、電車のつり革や手すり、そして、毎日使うスマホなどが危険なのです。


スマホは、自分しか使わないものなので安全な気もします。

しかし、他のウィルスと同様、新型コロナウィルスは咳をしたときに飛び散る飛まつから感染し、この飛まつは周囲のものの表面に落ちるほか、空気中にも留まることが分かってきました。


そこで、WHOは、「手を洗うこと」に加えて、「よく触るものの表面を毎日清掃し、消毒することが、感染拡大を防ぐ最大の手段」であると強調しています。

 こちら >> 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる? - BBCニュース


そこで、注目を浴びているものの一つが、「スマホの除菌ボックス」です。


 


充電機能が付いているものならば、寝る前にセットしておくことで、翌朝には充電と殺菌が完了しているので、とても便利です。


 >> 【検索】スマホ 除菌ボックス


この機会に購入を検討したいアイテムの一つです。


posted by Descartes at 21:04 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする