楽天市場

2016年06月21日

デスバレーは、まさに「死の谷」

連日暑い日が続き、総務省の発表では、熱中症で搬送された人が1,000人を超えたとの発表がありました。

最高気温が35度以上の猛暑日はもう当たり前のようになり、いったいこの先、日本はどうなってしまうのだろうと思っていたところ、世界(海外)ではもっとすごいことになっていました


アメリカ、カリフォルニア州のデスバレーで、

なんと、52.2度の「獄暑日」を記録 したと言うのです。

このニュースを聞いたとき、はじめは摂氏と華氏の違いかと思いましたが、そうではないようです。


52度というのは、どうにも想像できません。

もはや、地球ではありません


ちなみに、このデスバレーの英語表記は、Death Valley で、まさに「死の谷」です。


そして、このデスバレーは、以前にも「死の谷のさまよえる岩」現象で有名になったことがあります。

100kg以上もある 巨大な岩が、人知れず移動 するのです。


death_valley.jpg


この「さまよえる岩」現象については、枯れた湖にたまった雨水が、薄い流氷のようになったことによるもので、一応、その謎は解明されました。

しかし、今回の「獄暑」現象によって、デスバレーは、再び世界から注目を浴びることになりそうです。





posted by Descartes at 21:02 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: