新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年06月23日

ついに「おそ松さん」まで舞台化

人気アニメ「おそ松さん」が舞台化されるようです。

 ■おそ松さん on TAGE 〜SIX MEN's SHOW TIME〜
 ◇9/29〜10/3 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
 ◇10/13〜23 Zepp ブルーシアター六本木


気になる配役ですが、六つ子を演じるのは、高崎翔太(おそ松)・柏木佑介(カラ松)・植田圭輔(チョロ松)・北村諒(一松)・小澤廉(十四松)・赤澤遼太郎(トド松)のイケメン俳優6名になります。(YAHOO! ニュースより抜粋)


何かと取り上げられることの多い人気アニメ「おそ松さん」ですから、舞台化も「楽しみ〜」という人が多いのではと思いますが、なかには「大丈夫なの?」と感じる方もいるのではないでしょうか。


こういったアニメ作品の舞台化は、年々その数を増して、独自に、「アニメ作品」でも「実写化作品」でもない「2.5次元作品」などと呼ばれることもあるようです。


ところで、一番はじめに舞台化されたアニメ作品は、いったい何だったのでしょうか?


宝塚歌劇団の「ベルサイユのばら」の初演が1974年ですから、これが最も古いような気もします。

しかし、「ベルサイユのばら」はアニメファン向けというわけではないので、真の意味でのルーツとは言えません。

そう考えると、ルーツとしては「セーラームーン」(1993年)あたりになるのでしょうか。


現在のように、アニメ作品の舞台化ラッシュ現象のルーツとしては、やはり「ミュージカル・テニスの王子様」を外すことはできないでしょう。


また、これら舞台化されたアニメ作品を観にくる人たちについて見ると、「アニメ作品そのものが好きなので」「コスプレに興味があるので」など、観にくる理由はそれぞれだとは思いますが、俳優目当てという人も少なからずいるようです。

前クール放映のTVドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」の俳優・斎藤工は、「ミュージカル・テニスの王子様」によって注目を浴びた俳優の一人です。


今回舞台化となる「おそ松さん」を見ても、イケメン俳優を集めていることから、当然に「俳優目当て」ファンの取り込みを目論んでいるものと思われます。


少なくとも、「アニメ作品の舞台化」というステージが、今、若手俳優の活躍の場として、たいへん注目を浴びていることは間違いありません。





posted by Descartes at 23:02 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: