新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年07月16日

「マルコメ君」、CMから消えるも電車発車メロは健在

朝日新聞デジタルに次のような記事がありました。

マルコメマルコメ〜マルコ〜メみそ――。おなじみのCMソングに合わせて登場する丸刈り頭の男の子「マルコメ君」。みそ大手マルコメ(長野市)の有名キャラクターを最近見かけなくなった。縮小するみそ市場と会社のイメージ転換が背景にあるようだ。


そもそも何ゆえに、味噌のCMに丸刈り小僧なのか?

何ゆえに、味噌の会社の名前が「マルコメ」なのか?

そんな疑問に、実は、このニュース記事が答えてくれました。


同社によると、マルコメ君はもともと、みそづくりが年少僧の修行の一つだったことから生まれたアニメキャラクターだった。1977年からは3〜6歳の男の子をマルコメ君としてテレビCMに起用。(朝日新聞デジタルより引用)


なるほど、マルコメ君は修行僧だったのですね。


そのマルコメ君も、味噌の消費量が減った為、あえてCMで「マルコメ、マルコメ〜」を連呼する必要がなくなったというわけです。


ところで、この「マルコメ味噌」の本社は長野県なのですが、実は、東京支社が高田馬場の BIGBOX ビルの裏手にあります。

JR山手線のホームから見えるアニメキャラの「マルコメ君」の姿(看板)は今も健在です。


そして、JR山手線高田馬場駅の電車の発車メロディが「鉄腕アトム」であるのは有名な話ですが、西武新宿線のほうの高田馬場駅の電車発車メロディは、実は、この「マルコメ」のCMソングなのです。


意識して聴くと、たしかに「マルコメ、マルコメ、マルコメ、マルコメ〜」と言っていますので、是非聴いてみてください。




posted by Descartes at 11:53 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: