新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年09月27日

103万円の壁

現在、配偶者控除の見直しが話題になっています。


俗に言う「103万円の壁の見直し」というやつで、実際の見直しが行われるのは再来年からということです。


この「103万円の壁」というのは、配偶者控除が受けられるかどうかの 《境界線》 のことです。


例えば、夫がサラリーマンで、妻がパート勤務、そして、妻の年収が103万円以下の場合は、夫の所得から所得税と住民税が控除されます。

控除される額は、所得税が一律38万円、住民税が一律33万円とされています。


大ざっぱに、税率10%として計算すると、二つを合わせて税金が7万1千円安くなるということです。


そして今、この「103万円の壁」が取り除かれようとしているのです。

正確には、「配偶者控除」を撤廃し、「夫婦控除」が導入されようとしています。


この「配偶者控除」と「夫婦控除」の違いとは、いったい何なのでしょう?


「夫婦控除」とは、簡単に言うと「妻の年収に関わらず、夫婦であれば控除される」ということです。


「???」 という感じです。


知りたいのは、税金が上がるのか下がるのかということです。


「妻の年収に関わらず」とあるので、今まで103万円を超えていたために「配偶者控除」が受けられなかった家庭は、新たに「夫婦控除」が受けられ、税金は下がるような気がします。


影響を受けるのは、専業主婦やパート勤務などの、今まで「配偶者控除」を受けていた家庭です。


今回の見直しの理由は、「女性の積極的な労働を促し、経済を回すため」ということらしいです。

つまり、「配偶者控除があるので、女性が働きに出ない」と言っているのです。


確かに、ここまでの話を聞くと、「103万円以上働けばよいのではないか」という気にもなりますが、実際には、子育てや親の介護の問題などもあり、そういうわけにもいかないのです。


おまけに、今回の「夫婦控除」については、具体的な控除額は、何も明らかになっていない状態です。


これでは、税金が上がるのか下がるのか、何とも言えません。


しかし、ほぼほぼ間違いないのは、税金の負担は大きくなっていくのだろうということです。

そうでない政策を政府が推し進めるはずがありません。


またしても、金持ち向けの政策なのでしょうか?


今のところは何とも言えません。





posted by Descartes at 17:43 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: