新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年10月17日

欅って、書けない?

昨日深夜放送の『欅って、書けない?』では、欅坂46「3rdシングル」の選抜メンバーの発表がありました。


平手友梨奈が、3連続でセンターを務めます。


グループ全体のフォーメーションは以下の通りです。


【1列目】
 齋藤冬優花、佐藤詩織、小池美波、平手友梨奈、原田葵、鈴本美愉、守屋茜

【2列目】
 今泉佑唯、菅井友香、渡辺梨加、長濱ねる、渡邉理佐、志田愛佳、小林由依

【3列目】
 織田奈那、尾関梨香、長沢菜々香、上村莉菜、米谷奈々未、石森虹花、土生瑞穂


実は、フロントメンバーとでも言うべき1列目のメンバーが、平手友梨奈以外、全員入れ替わりとなっています。


新たに1列目になったメンバーがいるということは、2列目、3列目へ移動したメンバーもいます。

そういったことまでを考えると複雑な気持ちですが、まずは、新たに1列目となったメンバーのことを祝福すべきところです。


なのですが、昨日の番組での発表演出は、ちょっと違った感じでした。


欅坂46は、乃木坂46とは違い、選抜メンバーとは言いつつも、「全員選抜」という形を今までとってきました。


ところが、この「3rdシングルからは全員選抜とはならない」というような噂も流れていたのです。

アンダーグループである「けやき坂46」の存在がそのおもな要因だと思います。


昨日の選抜発表では、はじめに「3rdシングルのフォーメーションは21名」という話がありました。

この時点で、「ああ、今回も全員選抜だ」と誰もが思いました。


しかし、2列目の発表あたりから、何だか今までと様子が違うのです。


1列目に予想されたメンバーが次々と2列目に移動していきます。


しかも、発表前にはMC土田晃之の「ひらがなけやきから新たにということもあり得る」といった、意味深な発言もありました。


そして、1列目の発表。


普通は両端から発表し、最後にセンターの発表となるところですが、そこも、いきなりセンター平手友梨奈からの発表です。


何らかの演出を意図しているのが見え見えです。


「何らかの演出」と言うのは、「ひょっとして名前を呼ばれないメンバーもいるのでは」と思わせることです。


まだ名前を呼ばれていないメンバーの数と、選抜メンバーの残り数は同じです。

ですので、順当にいけば全員の名前が呼ばれるはずです。


ですが、かつて先輩グループの乃木坂46の選抜発表では、スタジオ見学に来ていた秋元真夏の名前が突然呼ばれるという事件(?)がありました。


「ひょっとしたら・・・」と思わせる条件は揃っています。


結果的には、全員の名前が呼ばれたのですが、「ひょっとしたら・・・」と思ったのは、テレビの視聴者だけではなかったはずです。


なかなか自分の名前が呼ばれないメンバーは、いったい何を思って待っていたでしょう。


最後に名前を呼ばれた齋藤冬優花は、どんなに不安だったことでしょう。


佐藤詩織に至っては、顎がガクガクと震え、本当に外れそうになっていました。
(1列目に選ばれたことで震えていたのかもしれませんが・・・)


何だかかわいそうです。


素直に「3rdシングルが発売となること」「選抜メンバーに選ばれたこと」を喜ぶような演出にはできなかったのでしょうか。


ちょっと「異議あり」です。


欅って、書けますか?



あなたの好きな欅坂46のメンバーは誰ですか?
posted by Descartes at 15:55 | Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: