新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年11月01日

欅坂46 PERFECT HALLOWEEN 2016

欅坂46が「PERFECT HALLOWEEN 2016」で着ていた衣裳が問題になっているようです。

アイドルグループ「欅坂46」がハロウィンライブで着た衣装がナチス・ドイツの制服と酷似しているとインターネット上などで批判を集めている件で、米国を拠点とするユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」は米国時間10月31日に公式ホームページ上で嫌悪感を表明。欅坂46のプロデューサーである秋元康氏および所属レコード会社であるソニーミュージックに謝罪を求めた。
(「BuzzFeed Japan / YAHOO! JAPAN ニュース」より)


まずは、「確かにその通り」と言うべきです。

気付いてあげるべきだったと思います。


と同時に、彼女たち(欅坂46)は、自分たちが「何を着せられているのか」を知らなかったというのも事実です。


戦争やナチスのことなど、ほとんど何も知らないのでしょう。


逆に、そのことが怖いのですが、少なくとも今回の件では、周りにいる大人たちが気付いてあげるべきでした。

こういう形で、彼女たちが注目を浴びてしまったことを反省すべきです。


そして、戦争で大切な人たちの命を奪われた遺族の人たちに対して謝罪すべきです。

たとえ、そのような意思がなかったとしても。


同ニュースでは、さらに以下のように伝えています。

11月にSWCのアブラハム・クーパー副館長は「勇気の証言 ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」の開幕のために来日する。その際に、ソニー・ミュージック、秋元康と欅坂46のメンバーが展示会に訪れるよう、強く求めた。


もしも展示会に行くのであれば、ソニー・ミュージックと秋元康の2者のみで行くべきでしょう。

何もわからない欅坂46のメンバーたちを連れて行くべきではないと思います。


今後の彼女たちの活動に影響が出ないよう、然るべき「大人たち」で解決すべきです。





posted by Descartes at 18:11 | Comment(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: