新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年11月09日

サイレントマジョリティー 隠れトランプ

まさかとは思っていましたが、アメリカ大統領選挙は「トランプ氏勝利」という結果となりました。


トランプ氏の勝因については、「反TPP」と言われています。

「貿易協定がアメリカの雇用を奪っている」というトランプ氏の主張が、多くのアメリカ人の支持を得たのです。


またその一方で、「具体的な政策よりも、とにかく現状を変えたいという人が多かった」という話も聞きます。


この背景には、現在の「動かないアメリカ政治」への怒りがあると言います。


ここに来て、クリントン氏は「アメリカ政治」側の人間と捉えられたようです。



さらに、今回の選挙では、世論調査では「クリントン氏が優勢」と言われてきたという事実もあります。


この読みが大きくはずれた原因としては、事前の世論調査に現れてこない「隠れトランプ」の存在のことが言われています。


かつて、ベトナム戦争時に、ニクソン大統領は、 「何の発言もしない大勢のアメリカ国民(サイレントマジョリティー)は、反対してはいないのだ」 と言いました。


発言しないということは 「Yes」 だと言うのです。


しかし、今回は、どうしても 「No」 と言いたかったのでしょう。


そして、「暴言」 に望みをかけたのです。


それだけ、アメリカ人の怒りは大きかったということでしょうか。

サイレントマジョリティー (通常盤) [ 欅坂46 ]
posted by Descartes at 21:25 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: