新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年01月07日

七草粥のデトックス効果

七草かゆ.png

本日、1月7日は「七草粥」を食べる日とされています。

(正確には1月7日の朝に食べるものとされているので、この時間には、既に食べ終わっていないといけないわけですが・・・)

七草粥は、言ってみれば “塩味のお粥” です。


そこに、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケナザ・スズナ・スズシロと言った「春の七草」を加えます。


人にもよりますが、はっきり言って、それ程楽しみにするような味ではないような気がします。(あくまでも私見です)


しかし、最近では、コンビニのお弁当コーナーにも堂々と「七草粥」が並びます。


何故これほどまでに不動の地位をずっと保ち続けているのでしょう?


歴史的に見ると、七草粥を食べることは行事のひとつであったようです。


七草は、早春の早い時季に芽を出すことから「邪気を払うもの」とされていたのです。

そこで、一年間の無病無災を願って、この七草粥を食べてきたというわけです。


『七草草子(御伽草子)』には、「一口で十歳、七口で七十歳若返る」とまであります。


しかし、実際には、無病無災を祈りながら七草粥を食べる人は少ないです。


また、「七十歳若返る」ことを夢見て食べる人も少ないと思いますが、「七日間ぐらい若返る」ことを願う人はいるかもしれません。


 正月からの七日間ほどを何とかリセットしたいのです。


七草粥に使われている七草は、ハーブ草です。

ハーブ草は、胃腸にとても良いと言われます。


その胃腸に良いハーブ草を胃腸に優しいお粥に加えて食べることによって、連日の「飲んだり食ったり」をリセットする効果が七草粥にはあるのです。


さらに、ナズナやゴギョウには、利尿作用があり、身体の中にたまった毒素を排出するデトックス作用まであると言われています。


こんなに身体に良いものなら、1月7日と言わず、毎日食べてもよいですよね。

posted by Descartes at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック