楽天市場

2017年01月28日

自力救済の禁止

「産経ニュース」に次のような記事がありました。


韓国人窃盗団が長崎県対馬市の寺から盗み、韓国に持ち込んだ仏像について、元の所有権を主張する韓国の寺に引き渡すよう命じる判決を、韓国の裁判所が下した。今回の判決は日本政府の返還要求を無視したもので、韓国の一方的な歴史観により法の番人であるはずの裁判所さえ、日本で犯した窃盗という犯罪行為を黙認するという“悪しき判例・前例”となった。(「産経ニュース」より)


これは、「明らかにおかしい」と思えるニュースです。


歴史的な問題や、国際間の問題もあり、話は複雑そうに思われます。


しかし、ごく簡単に言うと「元々盗まれたたものなのだから返さなくてよい」という判決を韓国の裁判所が下したということです。

盗まれた仏像は元々韓国で制作されたものであることの確認がとれ、さらに、その昔に「倭寇」が侵入した(略奪した)記録まであると言うのです。


これはおかしい ・・・ですよね。


これでは、窃盗団は「盗んだ」のではなく「取り返して」きたことになります。


そもそも「取り返して」くること自体、法的にOKだったでしょうか?

確か「自力救済の禁止」という法の原則があったはずです。


「さまざまな権利の実現は、司法手続きを通しておこなわれるべき」 ということなのですが、今回は、その司法(裁判所)が「自力救済OK」と言っています。


問題はそんなところではないのでしょうか。


他にも「取得時効」の問題なども関係ありそうな気がしますが、違うのでしょうか。


「属地主義」の問題も・・・。



これから勉強する人のための 日本一やさしい法律の教科書

posted by Descartes at 00:44 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする