楽天市場

2017年02月19日

りぼんのふろく展

現在、明治大学の米沢嘉博記念図書館(東京・お茶の水)で、「りぼんのふろく」ばかりを集めたイベント 「LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展」 が行われています。


りぼんのふろく展01.jpg

「LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展」


初期から現在までの「りぼんのふろく」の変遷を追いかける内容で、ふろく1000点のほか、ふろく原画35点も紹介されるようです。

原画の出展作家は以下の通り。

  :池野恋
   水沢めぐみ
   柊あおい
   吉住渉
   さくらももこ
   矢沢あい
   高須賀由枝


りぼんのふろく展02.jpg


また、イベントのタイトルにある「250万乙女」というのは、『りぼん』が1994年に打ち立てた“発行部数255万部”という記録から来ています。

この記録は少女漫画史上最高の記録(発行部数)で、いまだに破られていないとのこと。


その人気の要因のひとつが「ふろく」であったというわけです。


「りぼん」と言うと、わが家では、娘が「姫ちゃんのリボン」にかなりはまっていました。

銀座の博品館劇場まで、親子でミュージカルを観に行った記憶があります。


ミュージカルには、アニメ版で声優参加していたSMAPの草g剛さんがそのままの役で舞台に立っていました。

そして、当時はまだそれほど有名でなかったTOKIOの長瀬智也さんもクラスメイトの役で出演していたのです。


今思うと、何と言う豪華な配役だったのでしょう。


あと、「姫ちゃんのリボン」に出てくる「ポコ太」というキャラクターのぬいぐるみを娘が欲しがって探しまわった記憶もあります。


本当に、なんと懐かしいのでしょう。


その娘も今は大学生になりました。

娘の本棚にはいまだに「姫ちゃんのリボン」のDVD-BOXが置いてあります。


そんな懐かしい「りぼんのふろく展」は、6月4日まで開催とのことです。

しかも、嬉しいことに入場無料です。


4期に分けて展示物を入れ替えるそうなので、行く前には公式ページなどでチェックを。

 こちら >> LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合 りぼんのふろく展


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「姫ちゃんのリボン」メモリアル DVD-BOX [ 水沢めぐみ ]
価格:22680円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)


posted by Descartes at 23:55 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする