楽天市場

2017年03月21日

わんずまざー保育園

兵庫県姫路市の認定こども園が、「定員を超える園児の受け入れを行っていた」 というニュースを先日から何度となく耳にしています。

この件に関しての園長のコメントは 「子供が預けられず困っている親を助けようと思った」 というものでした。


このニュースをはじめて聞いたとき、私は 「保育園が不足しているからこういうことも起こりえるのか」 ぐらいの思いしかありませんでした。


しかし、今日になって次々と新しい事実を知ることとなり、今は 「この保育園はいったい何なんだ」 という思いでいっぱいです。


定員超過の問題だけではなかったのです。


特に信じられないのが、「給食」 の話です。


姫路市の監査によって発覚したことですが、この園の毎日の給食は、“スプーン一杯ほどのおかず” が二品と、“わすかなご飯” だけなのだそうです。


わんずまざー保育園.jpg
(画像」「朝日新聞デジタル」)


とても育ち盛りの子供が食べる食事とは思えません。


この保育園は、定員46人なのですが、“保護者と直接契約” することにより、さらに22人の園児を、姫路市に黙って受け入れていたそうです。


 46+22=合計68人 です。


そして、その68人に対して用意していた(発注していた)給食は、約40人分であったそうです。

つまり、元々の定員46人の分も発注していません。


この件に関しての園長のコメントは、

 普段は(姫路市監査の)写真の3倍〜4倍の量が入っているので、
 なぜ、ああなったのかびっくりしている。

というもの。


何をいわんや、です。


算数ができないのでしょうか。


さらに、保育士の数を実際より多く申請して、給付金(年間約5000万円)を不当に請求していた疑いも持たれているとのことです

これは、いったい・・・


とにかく、一刻も早く保育園認定を取り消して欲しいものです。





posted by Descartes at 22:06 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする