新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年03月30日

御座船 安宅丸

東京湾を運行する客船がリニューアルされて、話題になっているそうです。


 「御座船・安宅丸(ござぶね・あたけまる)」といいます。

        ↓        ↓

御座船安宅丸.jpg
gozabune.jp|東京湾の遊覧船〜御座船安宅丸


巨大な屋形船のような外観ですが、船内はずっと広いです。

乗船定員は500名(用意される客席は約200名分)とのこと。


実は、この安宅丸というのは、江戸時代に徳川家光が造船した、実在の “軍船” です。

別名 “天下丸” と言います。


安宅丸.jpg


当時のものは排水量1500トンで、2人掛りで100挺の艪(ろ)を漕いで動かしていました。

しかし、あまりに屈強に造り過ぎたため、推進力不足で “軍船” としては実用的ではなかったようです。


それが、現代に至り “豪華客船” として甦りました。


デザイン監修は、豪華寝台特急 「ななつ星 in 九州」 の監修で有名なインダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏。

改装費は、驚きの7千万円とのことです。


船内の随所には、徳川家の家紋が装飾され、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が楽しめます。


そして、夜になると船内(客席)では「食べ放題&飲み放題のデイナービュッフェ」が行われます。

しかも、花魁(おいらん)の歌と舞を楽しむ約30分の演劇(ショー)が付いているとのこと。


これは、外国人観光客などに大ウケしそうですね。


そして、今ならリニューアル記念で、5500円(子供は3800円)の特別価格。

月曜以外の毎日運行しているそうです。
(演劇付デイナービュッフェは、6月末までは日曜休演)


 ※地図・周辺の宿はこちら >> 東京都観光汽船 御座船 安宅丸|楽天トラベル



posted by Descartes at 16:15 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする