新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年04月20日

電子レンジ専用炊飯器

新年度・新生活が始まり、早一ヶ月が経とうとしています。


今年度から “ひとり暮らし” を始めたという人も多いのではないでしょうか。


ひとり暮らしを始めた直後は、勝手がよくわからず、何かと外食が多くなってしまうものですが、一ヶ月も経つと、さすがに「炊飯器」が必需品になってきます。

当然、家電メーカーもその辺を狙ってきます。


たしかに、このところ、テレビ番組等では “美味しいご飯が炊き上がる” 炊飯器の特集を何度となく行っているようです。


しかし、実際問題として、美味しいご飯が炊き上がる炊飯器は、それなりの値段がするものです。


少なくとも、「○ーミキュ○ ライス○ット」なんていう “高価な炊飯器” は、ひとり暮らしの身には必要ありません。


○ーミキュ○_ライス○ット.png


ひとり暮らしに必要なのは、“安くて手軽な炊飯器” なのです。 

        ↓       ↓
という人にぴったりな商品(炊飯器)がありました。

              
「電子レンジ専用炊飯器 ちびくろちゃん(2合炊き)」です。

        ↓       ↓


本体(カップ)、中蓋、上蓋のみの超シンプル構造です。

ここにお米と水を入れて、電子レンジに入れると約13分でご飯が炊けるのだそうです。


しかも、実勢価格は、だいたい千円前後というのですから、これは驚きです。


もちろん、ちゃんとご飯が炊けます。
(当たり前ですが)


難点を挙げるとするならば、

 ・カップの内側に計量の目印となる線が描かれていない
  (毎回、カップで水を計量しないといけない)

 ・美味しく炊くには、お米を水につけおきしておく必要がある

といったところでしょうか。


つけおきをしないといけない理由は、電子レンジが急速に温めてしまうので、つけおきをしておかないとご飯に芯が残ったままになってしまうからです。


とは言っても、たったの千円です。

電子レンジでチンするだけで、簡単にご飯が炊けてしまいます。


これは、検討の余地ありではないでしょうか。


もちろん、電子レンジを持っていることが前提ですが・・・。



posted by Descartes at 19:36 | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする