新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年05月10日

アニサキス中毒

この1〜2日で、「アニサキス中毒急増」のニュースが “急増” したような気がします。

急増の理由のひとつは、昨日の毎日新聞の記事です。

【アニサキス中毒急増 10年で20倍に 鮮度に注意、酢でも防げず】
生の魚介類に付いている寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が急増している。厚生労働省の統計によると、2007年は6件だった報告件数は16年に20倍以上の124件に増え、食中毒の原因物質としてはノロウイルスとカンピロバクター菌に次いで3番目に多い。「報告は氷山の一角」との指摘もあり、専門家が注意を呼び掛けている。(以下略)
(「毎日新聞」より引用)


なんと “10年で20倍” に増えたそうです。


しかし、実際にはニュースで報道されるまで、私はその存在を知りませんでした。


アニサキス中毒は食中毒のひとつです。

アニサキスというのは寄生虫の名前で、この寄生虫の幼虫が付いた生の魚介類を食べることによって起きるのです。


そして、ひと度かかると、とにかく痛いらしいです。


何度かおさまるものの、痛みは何時間も続き、夜中に発症すると、とても寝ていられないとのことです。


このアニサキスの幼虫の大きさは、体長2〜3cm、幅0.3mm〜1mmということで、意外と大きいです。

白い糸のような形状で、その気になれば目で見ることもできます。


この白い糸が体内に入ってしまうと、数時間後には、腹痛や嘔吐などの症状に見舞われるということです。


ニュースが急増した理由は、毎日新聞の記事であると言いましたが、この中毒症状自体が急増した理由はと言うと、大きく2つあります。


一つは、法令の改正により「報告義務」が課せられたことです。


実は、2013年度までは、アニサキス中毒の症状であったとしても「食中毒」として届け出るだけでよかったのです。

それが、2013年度以降は、キチンと「アニサキス中毒」として届け出なくてはならなくなりました。


つまり、症状としては以前からあったものの、報告されていなかっただけなのです。


そして、2つめの理由は、「流通が進化したこと」です。


今までは、鮮度が保てないという理由で缶詰め加工などがされていた魚介が生で食べられるようになったことにより、アニサキス中毒の危険性も増してしまいました。


そして、このアニサキス中毒の防ぎ方ですが、基本的には以下の4つのようです。

  @加熱する
  A冷凍する
  B細かく切り刻む、あるいはよく噛む
  C内蔵は生で食べない

@の加熱というのは、60度であれば1分間、70度以上であれば一瞬で死滅します。

Aの冷凍の場合は、マイナス20度で24時間冷凍するとアニサキスは死滅します。

また、Bの「よく噛む」というのは、「細かく切り刻む」に相当するぐらいよく噛まないとアニサキスは死なないそうです。


特に神経質になるのもよくありませんが、いずれにせよ、生の魚介類には注意したほうが良さそうです。



ラベル:寄生虫 魚介類
posted by Descartes at 23:13 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする