新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年05月13日

FISHERMAN CALL 漁師のモーニングコール

「FISHERMAN CALL」 という漁師のモーニングコール・サービスが開始されるらしいです。


フィッシャーマン・コール.jpg



このサービスは、朝が早い “漁師のための” モーニングコールではありません。


なんと、朝が早い漁師が、モーニングコールを “かけてくれる” というサービスなのです。


はじめはネタなのかなとも思いましたが、どうやら本当にあるサービスのようです。


起こしてくれるのは、宮城県石巻市の若い漁師たち。


FISHERMAN CALL の公式サイトには、起こしてくれる漁師の簡単な紹介と 「一日のスケジュール」 が掲載されています。


それらを見て、気に入った漁師がいたならば、「この漁師に起こしてもらう」 のボタンをクリックして申込(応募)をします。


 お申込みはこちら >> FISHERMAN CALL|フィッシャーマン・コール


申し込みの際に必要な情報は以下の通りです。

 ・名前(フリガナ)
 ・電話番号
 ・メールアドレス
 ・モーニングコールの希望日&時間
 ・早起きしたい理由
 ・年齢
 ・出身地
 ・悩み(あれば)


最後に「悩み」を記入するようになっているのは、その悩みに漁師が相談にのってくれるということでしょうか。


いずれにせよ、以上の情報を記入して送信すると、モーニングコールが可能かどうかを判断した上で、最終的には抽選で決定するのだそうです。

漁師の数も限られていますし、第一、本業の漁業があるので全員のモーニングコールは引き受けられないということでしょう。


ところで、公式サイトの応募規約などを見ても、特に利用料金などについて書かれた部分がないのですが、これは無料のサービスということなのでしょうか。


「FISHERMAN JAPAN」という団体と石巻市が共同で行っているプロジェクトのようですが、一種の “町興し” のようなものと考えて良いのでしょうか。



となると、規定されてはいませんが、応募条件としては 「漁師・漁業に興味がある」 ということが必要になってくるような気がします。


そうでないと、忙しい漁師さんたちにとても悪い気がするのです。



posted by Descartes at 19:12 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする