新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年05月19日

京都大学式辞にJASRAC請求

このところJASRACの使用料徴収に関するニュースが増えているような気がしますが、今日もまた、「京都新聞」に以下のような記事の掲載がありました。

 昨年ノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を、京都大の山極寿一総長が取りあげた4月の入学式の式辞について、日本音楽著作権協会(JASRAC)がウェブ上に掲載した分の使用料を京大に請求していることが18日、関係者への取材で分かった。(中略)
 山極総長は、京大の学風につながる「自由な発想」に関する説明の一環でディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介。「答えは風に吹かれている」などと歌詞の一節を引きながら、常識にとらわれないことの大切さを説いている。ディランさんの歌詞は日本語訳を含め、式辞全体の1割弱を占める。式辞の最後には、ディランさんの歌の出典が記載されている。 (「京都新聞」記事より“引用”)


この式辞の内容は、現在も京都大学のホームページで閲覧することができます。


 こちら >> 平成29年度学部入学式 式辞 (2017年4月7日) − 京都大学


このニュースを見て多くの人が、「またJASRACが」「マジうるさい」と思うことと思います。


その気持ちもわかります。


しかしその一方で、「JASRACも決してお金儲けのためにやっているのではない」ということもわからなくてはいけないと思います。


JASRACは、著作権者に対して “正当に” 使用料を分配しようとしているわけです。

問題なのは、その徴収が “正当” なのかどうかがわからないということです。


京都大学のコメントの中にも「根拠の詳細を知らされていないため、特に対応していない」というものがあります。


大原則として、他人の著作物を無断で使用することはできません。

当然、使用した場合には対価(使用料)の支払いが求められます。


しかし、著作権については “制限がかかる場合” 、つまり “自由に使用できる” 場合というものがあります。

今回の件に関係しそうなものでは、「引用」 そして 「教育目的での複製」 の場合です。


著作物の使用(複製)が「引用」や「教育目的」である場合には、対価の支払いが求められないことがあるのです。


この点につき、著作権全般を管理する文化庁としては、「大学の入学式式辞をウェブ上に掲載することは、教育目的とは見なされない」というコメントを発しているようです。


そうなると問題となるのは 「引用」 のほうです。


著作権法』 では、法32条1項において 「公表された著作物は引用して利用することができる」 としています。

第三十二条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。


そして、具体的に書かれてはいませんが、「引用」であると認められるためには「明瞭区別性」そして「附随性」の2つの条件を満たしていないといけないと言われています。


この2つの言葉の意味は以下の通りです。


■明瞭区別性とは
 :引用して利用する側の著作物と、引用されて利用される側の著作物とを
  明瞭に区別して認識することができること

■附随性とは
 :両著作物の間に、引用して利用する側の著作物が“主”、
  引用されて利用される側の著作物が“従”の関係があること


今後は、この点を満たしているかどうかについて話し合いが持たれるものと思います。


しかし実際問題、今回の件では、山極総長はどのような形式をとれば、JASRACの検閲に引っ掛かることなくスルーすることができたのでしょうか。

その点はとても気になりますし、明確に示して欲しいものです。

この記事を書いている私自身も、この記事を書くこと自体が「引用」の枠を超えているのではと、実はドキドキなのです。


例えばボブ・ディランの歌詞をそのまま引用することなく「○○○といったような内容を歌った歌詞があります」とすれば良かったのでしょうか。

しかし、極端な話「歌詞があります」ではなく「○○○と思うのですが」などとでもしようものなら、それは 「引用」 どころか 「盗用」 になってしまいます。


「○○○といったような内容を歌った歌詞」 という表現も歌詞(著作物)の存在を伝えたことにはなりません。


JASRACの仕事は、著作物を世に広めることではなかったでしょうか。


正当な対価さえ支払えば、誰でも自分の好きな楽曲やアーティストのことを広めることができるというのも、JASRACの活動の目的のひとつであると思うのです。


だからこそ、何が “正当” であるかを明確にして欲しいのです。


このままでは、数々の楽曲が封印されていってしまうような気がします。



※こちら、お薦めです。
 ↓  ↓

posted by Descartes at 11:43 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする