楽天市場

2017年06月05日

AKB48選抜総選挙

昨年公開のAKB48のドキュメンタリーで、「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」という映画があります。

そして、この映画の中に昨年の『AKB48選抜総選挙』の様子を綴ったシーンがあります。


昨年の選抜総選挙の第1位は指原莉乃。


映画の中には、総選挙後に(圏内に入れずに)号泣している新人メンバーに指原莉乃が声をかけるシーンが収録されています。

 「大丈夫だよ、一年目だから」
 「来年だよ、来年入んなかったらやばいと思いな。」

と指原莉乃は声をかけます。


そして、このときに指原莉乃が声をかけたメンバー(号泣していたメンバー)の一人が、NGT48の荻野由佳でした。


今回の速報で 55,061票を獲得し「第1位」となった荻野由佳です。


指原莉乃に言われた通り、1年間頑張った結果「速報第1位」となりました。

声をかけた指原莉乃は、1年後にこのようなことになることは予想していなかったでしょう。


先日放送の「ワイドナショー」には、その指原莉乃がゲスト出演していました。

話は、当然に総選挙の速報結果の話になりましたが、さすがはベテランだけあって、今回の速報結果に対する指原莉乃のコメントは落ち着いたものでした。


しかし、番組の中で、泉谷しげるが次のようなことを言います。


 「指原は、もうでかくなってしまった」
 「こういうものって(ファンの人が)自分で(推しメンを)見つけていくものだから」


毎回、この手のイベントを見るたびに、「ファンの人たちはメンバーのことを本当によく見ているな」と思います。


今回も荻野由佳のことを見つけたファンの人たちが、「なんとしても応援したい」と思い、その思いが、このような結果を生み出しました。


ただし、今回の場合は、いつもと少しばかり様子が違うようにも感じます。


荻野由佳を見つけたファンの人は、同時に 「荻野由佳のことを皆に知ってもらう」 ことにも力を注いだようです。


その結果が、55,061票という票数に表れています。


無理矢理にでも、「速報第1位」をとらせたいという “思い” がここにあります。


おそらく、かなり無理をしたのではないでしょうか。


しかし、その狙い通り、現在、荻野由佳は世間の多くの人から注目を浴びています。


そして、YouTube動画などではじめて見る人でも、荻野由佳がとても努力家で、応援したくなるタイプの子であることはすぐにわかります。





まさにファンの人たちの思惑通りです。


最近、「AKB48選抜総選挙はマンネリ化してきた」 などと言う人もいますが、そんなことはありません。


毎回毎回、大きな闘いがここにあります。



posted by Descartes at 20:33 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする