新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年07月28日

ムー公式 実践・超日常英会話

超常現象の専門誌『ムー』が、「ムー公式 実践・超日常英会話」という英会話のテキストを発売するそうです。


実践・超日常英会話.jpg


 こちら >> ムー公式 実践・超日常英会話 [ 宇佐和通 ]


超常現象や怪奇現象を専門とする『ムー』が制作した英会話本だけに、この本に登場するシーンは、一風変わったものばかりです。


 ・海外旅行先で友人が異星人にさらわれてしまったとき
 ・宿泊したホテルの部屋に幽霊が出るとき
 ・巨大生物が接近して来ているとき

  などなど


海外旅行先での “緊急事態” に備えた内容になっています。


「このようなシーンに遭遇することはまずあり得ない」と思うかもしれません。

しかし、もともと英語のテキストに描かれているようなシーンは、あり得ない場面ばかりであることが “普通” になっています。


 Is that a pen?
 No. That's an apple.


という例文と


 Is that a UFO?
 No. That's a secret weapon of U.S. military.


という例文では、現実的なのは、実は後者のほうであったりもします。


さらに言うと、暗記や学習のコツというのは、“強烈なインパクトと一緒に覚える” ことなのだそうです。

何か衝撃的な経験と共に覚えたことは、いつまでも忘れないのです。


最近、話題になった「うんこ漢字ドリル」も正にこの理論を用いたものと言えます。


そういう意味では、今までどんなに頑張っても英語が身につかなかった人などは、この「実践・超日常英会話」が救世主となり得るかもしれません。



ラベル:英会話 超常現象
posted by Descartes at 23:45 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする