楽天市場

2017年08月30日

タクシー定期券

「タクシー定期券」という制度が、近々に実現しそうな感じです。

 国土交通省は、タクシーに鉄道の「定期券」のような制度を導入する方針を決めた。利用地域や期間、時間帯を限定し、定額で何度でも利用できるようにする。運転免許を返納した高齢者の足としての活用や、冷え込んでいるタクシーの需要喚起を図る。2018年度に実証実験を行い、19年度以降の実用化を目指す。
(「朝日新聞 DIGITAL」より)


これは、素晴らしいアイデアです。


以前に、「運転免許の自主返納制度」のことを取り上げたことがあります。

 こちら >> 運転免許の自主返納制度

身体機能などが低下している高齢者の方に、自主的に運転免許証の “取り消し” 申請を求めるというものです。


運転免許証を所持しているものの、実際には運転することはなく「身分証明書」としている人に対しては、「運転経歴証明書」というものを発行することで、この制度の趣旨を理解して頂いていたようです。

しかし、その一方で「実際に運転している人」にとっては、受け入れ難い制度であることも事実でした。


交通の便がよくない地域などでは、自動車はまさしく自分の “足” であり、いくら「身体機能が低下しているから」といわれても、大事な “足” を返すわけにはいかないのです。


そこで、“足” の代わりとなるものを提供すべく考案されたのが、この「タクシー定期券」の制度というわけです。


利用地域などは限定されるようですが、この制度により、定額で何度でもタクシーの利用が可能になります。


高齢者の方の通院や買い物などに大いに役立つことは間違いありません。


加えて、ここ数年需要が落ち込んでいる “タクシー業界” の需要喚起の目的もあるのだと言います。


“高齢者” と “タクシー業界” の両方を救うこの「タクシー定期券」の制度を是非とも実現させて欲しいものです。


また、この制度が実現することにより、タクシー台数の少ない地方で、“タクシー定期券利用者” を目当てに、タクシー運転手として開業・転職する者も現れるかもしれません。

そうなると、中高齢者の就職率アップという目的までが果たせる可能性も出てきます。


素晴らしい制度だと思います。



寮付きで安心!タクシー求人探すならタクQ

posted by Descartes at 11:27 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする