楽天市場

2017年10月27日

FFFTP 終了

現在、ネット上では 「FFFTP 終了か」 というニュースが、世間を賑わせて(?)います。


 FTPクライアントソフト「FFFTP」の開発を辞める予定――開発メンバーの川本優さんがこのほどTwitterに投稿した、そんな内容のツイートが話題になっている。
 FFFTPは、Windows向けのFTPクライアントソフト。もともとは別の作者・Sotaさんが1997年ごろに開発を始め、オープンソースのフリーソフトウェアとして公開した。FTPクライアントの定番として利用されたが、2011年にSotaさんが開発終了を表明。オープンソースソフトウェア開発コミュニティーのSourceForge.JP(現OSDN)上で、川本さんらが開発を引き継いだ。
 現行のバージョンは16年5月に公開した「1.99a」。川本さんによれば「ホストの設定をWinSCPへエクスポートする機能」を実装し、開発を終える予定。最終バージョンは「2.00」を検討しているという。
(「IT media NEWS」より引用)


これは、まずいです。


何がまずいかというと、まず第一に、私自身が FFFTP を利用しているからです。


そして、もうひとつは、

  私自身が “難しいことはわからない”

ことです。


ニュースには「開発終了」とあります。


「開発終了」というのは、「使えなくなる」ということでしょうか。


それとも、「使えるけれども、今後バージョンアップは行わない」ということでしょうか。


まず、そこら辺のところが分かりません。


そもそも FFFTP が、開発が引き継がれる形でこれまで維持されてきたということ自体を知りませんでした。


「無料で便利なものがあるな」と思って、勝手に使い続けていたのです。


そして、勝手ついでに言わせて頂くと、


  開発終了の際には「私は何をすれば良いのか」


分かりやすくご教授いただきたい、と切に願うばかりです。


posted by Descartes at 00:19 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする