楽天市場

2017年12月14日

楽天 携帯キャリア事業に参入

「楽天が携帯キャリア事業に参入」というニュースが飛び込んで来ました。

 IT大手の楽天は14日、自前の通信回線を持つ携帯電話事業に参入すると表明した。総務省が来年、携帯電話向けに割り当てる電波の周波数を取得し、2019年中のサービス開始を目指す。実現すれば、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクグループの3社の寡占状態だった業界で、「第4の携帯電話事業者」が誕生する。
(「朝日新聞」より)


日本の携帯事業大手3社と言えば、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクです。

そして2014年、楽天グループは、ここに “格安スマホ” 楽天モバイルを携えて参入しました。


この楽天グループの参入により、“携帯の低価格競争” が始まりました。


そして今回のニュースでは、さらに「楽天が携帯電話事業に参入」とあります。

これは、どういうことでしょうか?


今回の参入(計画)が、今までの参入と違う点は、楽天が “大手3社と同じ土俵” に立とうとしているところにあります。


現在の楽天モバイルは、通話などに使用する回線はNTTドコモから借りて運用しています。

それを今後は、楽天独自の基地局を整備し、“自前の回線” でのサービスを開始すると言っているのです。


その背景には、2018年3月末をめどに、総務省が「1.7GHz帯」と「3.4GHz帯」の電波を携帯電話用に追加で割り当てようと計画していることがあります。

この計画を受けて、楽天が総務省に申請し認可がおりた場合、“自前の回線を持つ携帯キャリア” として事業に参入することが可能になるのです。


そうすると、どのような “良いこと” が起きるでしょうか?


ひとつには、これまでかかっていた回線使用料が不要になる分を、楽天が消費者へのサービス向上に当ててもらえるのではないかという期待があります。


しかしその一方で、楽天はこの回線構築のために6,000億円を投じるのだという報道もされています。


それだけの巨額を投じて参入するのには、楽天市場などの “他の楽天サービス” との連携をはかるという目的があるのだそうです。

確かに、現在、楽天会員の人は乗り換えの手続きが楽であったり、楽天ポイントが使えたり、あるいは楽天ポイントが貯まったりと、使い勝手の良いサービスになりそうな気もします。


例としては少し違いますが、現在注目を浴びている「ふるさと納税」も、「ふるさとチョイス」などの専門のポータルサイトがある一方で、「使いやすい」という理由から、現在は「楽天ふるさと納税」での利用者(&自治体)が年々増えているのだそうです。


そのうち、ほとんどのサービスが “楽天サービス” から行えるようになるかもしれません。


しかし、現段階で一番気になるのは、やはり「楽天が参入することによって携帯料金は安くなるのか」ということです。


少なくとも、これまでの大手3社の価格競争は、どれも似たり寄ったりといった感が否めませんでした。

ここに、楽天のような “異分子” が参入することにより、何か劇的な変化が起きるのではと期待せずにはいられません。


是非とも、“劇的に” 安くなって欲しいものです。


ちなみに、総務用の認可がおりたとして、実際のサービス開始は2019年を予定しているということです。



楽天でんわ/楽天モバイル

ラベル:回線 楽天 携帯
posted by Descartes at 19:56 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする