新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年12月23日

出生数 2年連続100万人割れ

日本人の出生数が減少し続け、2017年度も “2年連続の100万人割れ” という結果が出たのだそうです。

 2017年に国内で生まれた日本人の子どもは、前年より約3万6千人少ない94万1千人の見込みとなった。厚生労働省が22日に公表した人口動態統計の年間推計で分かった。100万人割れは2年連続で、統計を始めた1899年以降で最少となりそうだ。一方で死亡者は増え、出生数を引いた自然減は過去最多の40万3千人になる見通しだ。
(「朝日新聞 DIGITAL」より)


ニュース記事には「前年より約3万6千人少ない」とありますが、前年は “過去最少” を記録した年なのです。


出生数の減少は、すでに1970年代頃より始まっていたのだそうですが、その影響で、子供を産む女性自体の数が減っているのですから、これはもう歯止めが利かない状態と言えます。


このまま行くと、日本はどうなってしまうのだろうと心配になりますが、「この先(2020年以降)日本はどうなるか」ということに関して、以下のようなデータが示されています。


 ・2020年:女性の2人に1人が50歳以上に
 ・2024年:日本人の3人に1人が65歳以上に
 ・2025年:東京都の人口が減少
 ・2033年:住居の3戸に1戸が空き家に
 ・2039年:全国的に火葬場が不足
 ・2040年:自治体の半数が消滅


そして、2050年には “世界的な” 食料危機に陥るのだそうです。


具体的な数字が示されているだけに、“避けられない事実(未来)” のように思われます。

そして、多くの人が認識しているにもかかわらず、すでに大きな流れに乗ってしまっているので、この状況を打破するには、さらに “大きな流れ” を作り出す必要があるのです。


いったいどうなってしまうのでしょうか。


ただただ心配するしかありません。


ちなみに、“大きな流れ” ということで言うと、地球の歴史では、今、地球はすでに “(ミニ)氷河期” に突入しかけているのだそうです。


そうなると、もはや誰にも救うことはできないという感じです。


映画で観たような「絶滅した地球にAI(人工知能)だけが生き続ける世界」が現れるのでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A.I. [ ハーレイ・ジョエル・オスメント ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/12/23時点)


ラベル:出生数 日本 未来
posted by Descartes at 10:41 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする