新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年02月08日

仮想通貨とは

今日放送の『ノンストップ!』で、「仮想通貨投資」に関するトラブル事例が紹介されていました。

仮想通貨投資のセミナーに参加し、試しに始めてみたところ、はじめのうちは配当金が支払われていたものの、最終的には運営会社の経営破たんにより損をしてしまったというものです。


その他にも、仮想通貨 “NEM” が、約580億円相当流出してしまったというニュースは誰もが知るところです。


これらのことから多くの人が仮想通貨に抱くイメージは 「とても危険なもの」 というものです。

しかし実際には、仮想通貨はこれから先の取引において通常のお金にとって替わるような重要な位置を占めるものなのです(と私は考えています)。


しかし、


そもそも仮想通貨とは何なのか?

なぜ投資の対象になるのか?


など今さらながら知らないことがたくさんあるのも事実です。


仮想通貨に関する予備知識を持っていないと、いたずらに「仮想通貨は危険なもの」というイメージだけが先行し、いざ主流になったときに戸惑ってしまいます。


ビットコイン.jpg


仮想通貨というのは、その名の通り “仮想の” お金のことです。

多くは、インターネット上の取引などに使われます。


紙幣などの “実物のお金” はなく、取引は電子データで行われます。


この仮想通貨の価値を決めるのは、取引を行う仲間どうしです。

“仲間内だけで使えるお金” とも言えます。


価値を認める仲間が増えていくことで、通貨として定着します。

そして、その仮想通貨の種類は、なんと1000種類以上が存在するそうです。





日本銀行が発行する紙幣などは、その発行枚数は国が管理し、流通量なども日本銀行が制限しています。

一方の仮想通貨については、仲間どうしの同意により価値が決まりますが、実は流通量については限られていることがほとんどなのだそうです。


ビットコインの場合でいうと、2100万枚が発行できる上限数となっています。


発行枚数が限られているので、レートは変動し、その変動に合わせて売り買いをすることにより、仮想通貨の価値が上がったり下がったりします。

仮想通貨が投資の対象になるというのはこういうことです。


また、仮想通貨の最大のメリットは世界中で使えることです。

送金などに手数料もかかりません。


このようなメリットから利用者が増えているので、当然に価値が上がり、投資の手段にする人も増えていきます。


さらに、最近ではビックカメラをはじめ店頭での売買に仮想通貨を使うことができるお店も増えているそうです。

そのうち海外旅行者などが普通に仮想通貨で買い物をする時代がやってくることは明白です。


そうなると、気をつけなければならないのは、仮想通貨絡みの詐欺や、投資トラブルなどです。


今日の『ノンストップ!』では、「手を出してはいけない仮想通貨投資話」として、以下の2点をあげていました。

 @ 「限定販売」を謳っている
 A リスクについての説明がない

仮想通貨はそもそもワールドワイドな取引が前提となっているので、限定販売している仮想通貨自体がそもそも怪しいのだそうです。


これは、気をつけなければなりません。

posted by Descartes at 20:03 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする