楽天市場

2018年03月22日

緊急地震速報

本日より、気象庁の発表する「緊急地震速報」が変わるそうです。

 「平成23 年(2011 年)東北地方太平洋沖地震」において、震源から遠い関東地方でも強い揺れを観測しましたが、これらの地域に対して緊急地震速報(警報)を発表できませんでした。
 これを踏まえ、気象庁では巨大地震にも対応できる新たな手法(PLUM法)の開発を進め、今般準備が整ったことから、従来の手法と組み合わせた緊急地震速報の発表を開始します。
 これにより、巨大地震が発生した場合も、従来より精度よく緊急地震速報が発表できるようになります。
 なお、この改善とともに、過大な震度予想を防ぐため、従来の手法により推定した地震の震源・規模が妥当かどうかを実際の揺れから評価する機能を緊急地震速報に導入します。
(「気象庁|報道発表資料」より)



本文中にある「PLUM法」というのは、“観測した揺れの強さから直接、その周辺の震度を予想する手法” のことです。


これまではと言うと、“地震発生直後の震源まわりの揺れ” に基づいて震度を予測し、発表するという手法がとられていました。


そして「緊急地震速報」は、原則 “一度まで” だったのです。


その結果、7年前の東日本大震災では、関東地方などでも大きな揺れを感じたにも関わらず、震源から離れているという理由により、緊急地震速報という形での発表がありませんでした。


それが、新手法の導入により、速報に次ぐ「続報」という形で発表されることになるのだそうです。


これは、素晴らしいです。


このことで、震度6や5などの「大きな揺れを感じているにもかかわらず地震に対する情報が無い」という事態は避けることができます。


地震などの災害のときに怖いのは、情報が少なくて、どのような行動をとったらよいのか分からないことです。


新たな手法では、大きな揺れが観測された地点より最大30km離れた地点の揺れまでを予測するそうです。

つまり、最初に緊急地震速報を出した地域より “遠くの地域” に対しても「続報」が出されるということです。


これから先、広い範囲で巨大な揺れが観測される地震が起きる可能性が十分にあるだけに、今回の改良はとても良いことだと思います。


あとは、「速報」「続報」に先駆けて、精度の高い「予報」が発表されるようになることを願うばかりです。

防災グッズ bohsai.shop




ラベル:地震 気象庁 速報
posted by Descartes at 18:11 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする