新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年04月10日

新鮮なタケノコは先端の色で見分ける

4月はタケノコの旬の季節で、年間取引量の65%近くが、この時期に店頭に出回るのだそうです。


タケノコというのは、その名の通り “竹の芽” のことですが、一般的には「孟宋竹(もうそうちく)」という甘くて柔らかい品種の竹の芽のことを指します。


タケノコ.jpg


日本では、江戸時代に山路治郎兵衛という江戸の商人が広めました。

当時は桐の箱に入れて、高級食材として売り出されたのだそうです。


そして、この店頭に出回っているタケノコの中から新鮮なタケノコを見分ける方法ですが、“先端の色で見分ける” のだそうです。


具体的には、先端の色が “黄色い” タケノコが新鮮なタケノコになります。


タケノコ先端.jpg


先端が黄色であるということは、タケノコがあまり陽に当たっていない証拠です。

つまり “地上に出てきて間もないタケノコ” であるということになり、“新鮮” なのです。


一般的には、緑色のほうが新鮮なように感じますが、タケノコが地下から伸びてきていることを考えると、通常とは逆になります。


これは、知っているのと知らないのでは大きな違いです。


さらにこの時期は、タケノコは皮付きのまま売られていることが多いのですが、茹でるときには “皮をむかずに” そのまま茹でるのが美味しいのだそうです。

皮付きのまま茹でることにより、旨みが閉じ込められるからです。


そしてさらに、茹でたあとは、すぐに取り出さずに、少し冷ましてから取り出ようにすると、タケノコが縮まることがなく、良いのだそうです。


今が旬のタケノコですが、どうせなら美味しく食べたいものですね。


ラベル:4月 タケノコ
posted by Descartes at 20:10 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする