新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年04月25日

手ぶらサービス

今、巷では「手ぶらサービス」が注目を浴びているそうです。


お店で購入した商品を “無料で” 配送してもらえるサービスです。


昔から旅行先や空港などでは普通に行われてきたサービスですが、現在では “ちょっとした買い物” にも利用されているとのこと。


さらに、ニトリが採用している新サービス「手ぶらdeショッピング」などは、商品のバーコードをスマホで読み取るだけでよく、商品を買い物カゴに入れてレジまで運ぶ必要すらないのです。

店頭で実物を目で確認する工程が増えただけで、ほとんどネットショッピングに近い形と言えます。






そして手ぶらサービスが普及した結果、街行く人の持つ荷物(バッグ)は、お財布ぐらいの大きさのものになりました。


俗に「お財布ポシェット」「財布ショルダーバッグ」と呼ばれるバッグが流行しているそうです。





さらに、その「お財布バッグ」に入れる財布はというと、カードケースぐらいの大きさの「ミニ財布」が流行しているとのこと。





手ぶらサービスは、ファッションの世界にも影響を与えているようです。


また、こういった手ぶらサービスは、実際に購入した商品が手元に残らないため、「ついつい買い過ぎてしまう」という “経済効果” もあると言われています。

しかし、その一方で心配なのは、最近よく言われている宅配サービス業での人手不足の問題です。


正しい形での “働き方改革” の推進と、あるいはAIによる “自動運転車両” の開発などが急がれるところです。




posted by Descartes at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする