新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年05月01日

メーデー

今日、5月1日はメーデーです。


「メーデー」は英語で「Mayday」と書き、直訳すると「5月の日」という意味です。

1886年の5月1日にアメリカのシカゴを中心として、“8時間労働への是正” を要求する大規模なストライキが行われたことがはじまりです。


当時は14時間労働が当たり前でした。


以降、毎年5月1日は “世界中の” 労働者たちが 「労働者の権利」 を主張する集会を開く日となったのです。


そして、多くの国では5月1日を祝日としているのですが、日本はゴ−ルデンウィークの狭間であることもあり、5月1日は祝日ではありません。

そのため日本では、2000年以降、4月の終わりの “ゴ−ルデンウィークの初日” に「メーデー」を行うところも現れたそうです。


「メーデーに参加するために連休がとれない」という “労働者側の不満” があったのでしょうか。


メーデー.jpg


メーデーというと、公園や広場などに多くの人が集まり、どちらかというと “平和的に” 権利を訴える日のように思いますが、実は、日本にも「血のメーデー」と呼ばれた “大荒れのメーデー” がありました。


1952年5月1日 のことです。


このときのメーデーで叫ばれた(要求された)のは、労働者の権利ではなく「再軍備反対」「破防法反対」といったことでした。

そして、暴徒が皇居前広場になだれ込み、これに対し警察が拳銃を発泡、2名の死者までが出たとのことです。


血のメーデー.jpg


このような血なまぐさいメーデーは二度と起きて欲しくないところですが、今回のメーデーでも、「打倒安倍内閣」「憲法改正反対」など、労働者の権利とは関係のない要求がされていたという話も聞きます。

その中では「働き方改革廃案へ」が、ぎりぎりメーデーの趣旨にあっているでしょうか。


人が多く集まると、元々のラインを多少外れてしまうのは、仕方ないのかもしれません。


どうか遭難信号の「メーデー(×3)」を発することにだけはならないよう祈るばかりです。






posted by Descartes at 16:04 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする