新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年05月03日

渋滞は何故起きるのか

今日、5月3日はゴールデンウィークの中で、“下り線が一番渋滞する日” なのだそうです。

(ちなみに、上り線が一番渋滞する日は5月5日とのこと。)


渋滞.jpg


いったい何故、渋滞は起きるのか?


「皆が同じ日、同じ時間帯に車に乗るからだ」と言ってしまえばそれまでですが、何台走ろうとも、全車両が等速で移動すれば渋滞は起きないはずなのも事実です。


渋滞が起きる原因、それは、皆が同じ場所で “減速” してしまうからです。


具体的には、ゆるい下り坂が “いつの間にか上り坂” に変わっているような地点で “渋滞の原因” は発生します。

上り坂なので当然に、自然と速度が落ちるのですが、その後を走っていた車はと言うと、前の車の減速に反応し、ブレーキを踏んで減速します。

すると、その次の車は、そのプレーキランプに反応し、さらにブレーキを踏んでしまうのです。

渋滞_ブレーキ.png


この現象がどんどんと連鎖し、いつの間にか、高速道度全体で “大渋滞” が起きてしまうのだそうです。


日常生活で言うと、

 ・エスカレーターを降りたとき
 ・電車の車両に乗り込んだとき

同じような現象が起きます。


このような場所で、前の人にぶつかりそうになったり、「もっと奥まで行って欲しい」と思った経験があるはずです。


そして、高速道路でのやっかいなところは、“本人は減速している意識がない” ことです。


以上のことを考え、渋滞を起こさずに高速道路を走行する方法はと言うと、

 ・ブレーキをなるべく踏まずに走ること

となります。


そして、そのために気をつけることは

 ・きちんと車間距離を空けること

なのです。


また、渋滞中は右側に車線変更せずに、ずっと左側を走り続けたほうが “結果的に早く着く” のだそうです。

左側車線に比べて、右側車線はブレーキを踏む回数が増えるので、渋滞になる確率が上がるからです。


また、高速道路を出るときは、混んでいる降り口のひとつ手前で出て、下の道を走るようにするのも、渋滞にあわない有効な方法とのことです。




posted by Descartes at 15:17 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする