新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年09月30日

災害発生時 1階と2階どちらが安全?

現在、日本列島を記録的な勢力の台風が襲っています。


 台風の空.jpg


今回の台風は、特に “風” に対する警戒が必要とのこと。

「ブロック塀が倒れる」くらいの強風になるというのですから、当然、木造の家などは大きく揺れるに違いありません。

そう考えると、なるべく揺れの少ない1階部分にいる方が良いように思えますが、意外にも、ニュースでは「夜(就寝時)などは、家の2階以上で過ごすように」とのことでした。


 “高潮による被害” に備えてのことです。


納得の理由ですが、実際問題、台風に限らず、地震などの災害発生時には、1階と2階どちらにいたほうが安全なのでしょうか?


強風や地震発生時には、木造の家などは激しく揺れます。

ですから、揺れの少ない1階の方を選ぶのが自然のように思えます。


しかし、逆に言うと回避できるのは “揺れ” だけなのです。


一方、(2階建ての家で)2階にいた場合には、以下のようなことが考えられます。

 @ 津波などが起きた場合、助かる可能性が高い
 A 家が倒壊した場合、2階の下敷きになることがない
 B 家が倒壊した場合、救助されやすい


「絶対にこちらが安全」ということは言えないと思いますが、家の倒壊ということを考えると、(個人的には)2階にいるほうが安全なように思えます。


 


特に1995年以前の建築基準法で建てられた家の場合は、そのようなことが言えるようです。






防災グッズ bohsai.shop
ラベル:台風 地震 災害
posted by Descartes at 21:04 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする