新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年01月13日

NGT暴行事件

ここ数日、ニュースを騒がせている「NGT暴行事件」

 アイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さん(23)の自宅に押しかけた男2人が逮捕されたことを巡る一連の騒動で運営側の対応が注目される中、NGT48が12日、新潟市中央区でイベントを行った。事件について説明はなく、山口さんを含む一部メンバーは参加しなかった。ファンからは「何があったのかはっきりさせてほしい」と運営側を批判する声が上がった。(「新潟日報」より抜粋)


現在は、“何の説明もない” 運営側に対する批判が高まっているようです。


しかし、その一方で “「何を」説明して欲しいと思っているのか” と、個人的に、少々疑問に思うこともあります。


私は決してアイドルファンではありませんが、NGT48については、数年前に荻野由佳が注目されたことをきっかけに、注目し続けてきました。

特に(自分の住んでいる地域では放送されていない)「NGT48のにいがったフレンド」という冠番組が好きで、(何らかの手段で)ほぼ毎回観ています。

そういったことから、自分は(劇場に足を運んだり、握手会に行くわけではないので)今回ニュースになっている山口真帆については、そういった番組を通してしか知ることはできません。


それでも、山口真帆が、どちらかと言うと「控えめな性格の人間」であることは分かります。


 


そういう(性格の)人が、このようにして世の中に訴えかけていることからも、今回の事件では、よほど恐い思いをしたに違いありません。

また、「(NGT48を)何とかして欲しい」という “副キャプテン” としての気持ちもあったのでしょう。


またさらに、山口真帆は控えめな性格であると同時に、決して嘘をつくような人ではありません。


つまり、今回報道されている内容はすべて事実なのだと思います。


それは、「今回の事件にはメンバーの誰かが絡んでいる」ということを意味します。


そして現在、ファンの人たちが(あるいは、ファンでも何でもない人たちが)「何の説明もない」と騒いでいるのには、「そのメンバーは誰なのか教えろ」という気持ちが多分に含まれているような気がしてならないのです。


しかし、それは(メンバーの名前は)公表すべきではないと、私は思います。


「メンバー」は、10代もしくは20代前半の “女の子” です。

世の中に “犯人扱い” で公表されて、耐えられるわけがありません。


運営側の対応が遅れているのは、そういう事情もあるのでしょう。


いずれにせよ、我々(第三者)が知るべきは

 @ (グループ内の問題も絡み)事件は起き
 A (山口真帆は)そのことを運営側に訴えたものの
 B 運営側は何もしなかった

ということで良いのではないでしょうか。


「そのメンバーが誰なのか」について知りたい気持ちがある(ファンの)人も当然いるでしょう。

しかし、それはグループ内(運営側)で解決すべきことです。


そして、最もよくないことは、そういったこと(犯人は誰なのか)に関して “勝手な憶測を立てる” ことです。


メンバーのことをよく知るファンの人たちは、「ひょっとして」と思うところもあるかもしれません。

しかし、それが事実であるかどうか分からない以上、少なくとも(その考えは)発言すべきではないと思います。


そして、さらに腹立たしいことに、そういった憶測を、わざわざ YouTube 動画などにしてネットに上げているのは、(事件のことを心配している)ファンの人たちで無いことが多いのです。

今回の事件を「しめた!」とばかりにネットに上げて、アクセスを集めようとしている “商売人” が、ほとんどです。


そういった憶測にほぼ毎回登場する(話題性のある)メンバーもいて、可哀想です。


「新潟日報」のインタビューに答えている会社員男性が、「他のメンバーにも影響が出ているのが悲しい」と言っているのが、今の多くのNGTファンの気持ちではないでしょうか。


今回、一番良く無かったことは何か?


それは、やはり「山口真帆から(最初に)事件の訴えがあったにも関わらず、一ヶ月近くもほったらかしにしていた運営側」だと思います。


そういう意味では、運営側は「(これからどうするのかという)何らかの説明」をすべきなのは間違いありません。





posted by Descartes at 00:45 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。