新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年01月28日

冬の寒さ対策 布団の重ね順

今日の『ノンストップ!』(フジテレビ)で、「冬を乗り切る生活の知恵講座」という特集コーナーの放送がありました。


 ノンストップ.png

  こちら >> ノンストップ!NONSTOP! - フジテレビ


その中で、「布団編」と称して、“布団の重ね順” について問う問題がありました。

 @ 敷布団
 A 掛け布団(羽毛布団)
 B 毛布

の3種の布団につき、「どのような順番で重ねるのが “冬の寒さ対策” として、一番ふさわしいか」という、問題です。


ちなみに私の場合は、以下のような順番で、掛け布団の上に毛布を乗せます。

  futon_kasane01.png

この順番だと、「暑いな」と感じたときには、すぐに毛布を外すことができるからです。

おそらく多くの人がこの方法(順番)なのではないでしょうか。


もしくは、「毛布の肌触りが好きだ」という人は、以下のような “掛け布団の下に毛布を入れる” 順番になると思います。

  futon_kasane02.png


しかし驚くべきことに、『ノンストップ!』が推奨する “寒さ対策として最も効果的な方法(順番)” は、上の2つのどちらでもありませんでした。


なんと、自分の身体の下に毛布を敷くのです。

  futon_kasane03.png

その理由は以下の通りでした。

 @ 羽毛布団は体温を吸収して温まるので、“身体に直に触れるように” 上に掛ける
 A 毛布は “下に熱を逃がさない” ために、身体の下に敷く


「なるほど」という感じです。


そして、さらに「寒いな」と感じるようであれば、“掛け布団の上に” 毛布を1枚追加するのだそうです。


毛布を敷布団のように使うという発想は無かったので、これは少々驚きました。


「では、毛布で出来た敷布団カバーのようなものがあれば便利なのではないか」と考えたところ、それは “既に商品化” されていました。


 こちら >> 毛布生地で作った とろ〜りあったか敷き布団カバーあったか寝具快適寝具


 


一瞬、“ヒット商品を発明” してしまったかのようにも考えましたが、そんなに甘くはありませんでした。


おそらく、「毛布生地で出来た掛け布団カバー」というのも既に商品化されているに違いありません。





posted by Descartes at 23:31 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする