新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年06月02日

禁欲ボックス

今、「禁欲ボックス」と呼ばれるアイテムが注目を浴びているのだそうです。


正式名称は「タイムロッキングコンテナ」


 禁欲ボックス.png


「タイマーをセットすると、指定した時間まで開けることができない」というプラスチック製のコンテナです。


 こちら >> タイムロッキングコンテナ


スマホやテレビのリモコン、タバコやお菓子など、使い過ぎたり、食べ過ぎてしまうものを物理的にシャットアウトして、欲望に対する “セルフコントロール力” を強化するための「禁欲ボックス」です。


タイマーの時間は、最短1分から最長10日間まで設定できます。


 


コンテナの大きさ(内寸)は、15cm×15cm×14.5cm ということですので、ゲームコントラーなどの少々大きめのものでも入ります。


 


シャットアウトしたいものをコンテナの中に入れて、フタを閉めると “5秒間のカウントダウン” が始まります。

この5秒間の内は、時間の再設定などが可能ということですので、まずはここが、“第一の試練” です。


そして、カウントダウンが終了すると、セットした時間までは “絶対に” フタを開けることは出来ないのです。


さらに、タイマーの設定時間を “変更して短くする” ことはできませんが、実は、逆に “長く変更する” ことは可能なのだそうです。

人によっては、ここで “新たな試練” を追加することも出来るわけです。


また、「ボックスの中身が見えると欲望に負けてしまいそう」という人には、中が見えない「ホワイトボックス」のタイプも用意されています。


 

 こちら >> タイムロッキングコンテナ ホワイトホワイト


また、この “中が見えないタイプ” のものは、誕生日のプレゼントなどを入れておいて、誕生日当日までの “ドキドキ感” の演出にも使えます。


 


随分と前の話になりますが、私は “はげしい葛藤の末に” 禁煙に成功し、今ではまったくタバコを吸いたいという気持ちにならなくなりました。

もちろん、そばで他の人がタバコを吸っていてもまったく気になりません。


やはり、禁煙や禁酒、あるいは禁ゲーム、禁パチンコなど、欲望を制するのは自分自身(の気持ち)なのだと思います。


そのようなとき、こういったアナログ的な(単純な) “デジタル製品” は、意外と多大な効果を発揮するように思えます。









posted by Descartes at 08:59 | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする