楽天市場

2019年06月11日

月30万 生き甲斐

阪急電鉄の中吊り広告の内容が、“炎上” しているらしいです。


その中吊り広告とは、株式会社パラドックスが年に一冊ずつ発行している語録『はたらく言葉たち』と阪急電鉄がコラボした「ハタコトレイン」という企画の一環で、阪急電鉄の車内に掲示されているものです。


 hatakotrain.jpg

 こちら >> 「ハタコトレイン」が6月1日から走ります!


その “炎上になった広告(言葉)” が、以下のものです。

 毎月50万円もらって毎日
 生き甲斐のない生活を送るか、
 30万円だけど仕事に
 行くのが楽しみで
 仕方がないという生活と、
 どっちがいいか。


炎上の理由は、理解できます。


この広告の言いたいことは、「お金と生き甲斐のどちらかをとるとしたら、生き甲斐のほうをとるべきだ」ということです。


しかし、時期が悪かったようです。


つい先日、金融庁から「年金だけでは毎月5万円の赤字となり、95歳まで生きるには2000万円の貯蓄が必要」といった試算の発表があり、今は、多くの人が老後に不安を抱えている時期です。


「生き甲斐」どころか、実際問題として「月30万」も貰っていない人からすると、この広告はカチンと来たに違いありません。


「もう少し気を遣って、広告文を選ぶべきだった」ようです。


 
 ▸ はたらく言葉たち1


posted by Descartes at 01:17 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする