新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年07月30日

N国党 丸山穂高議員

「NHKから国民を守る党(N国党)」に “戦争発言” の丸山穂高議員が入党するそうです。

 無所属の丸山穂高衆院議員は29日、NHKから国民を守る党の立花孝志代表と国会内で会談し、同日付で入党すると伝えた。この後、丸山氏とともに記者会見した立花氏は歓迎する意向を表明。ほかにも11人の国会議員に入党を打診していることを明らかにした。
 入党の理由について丸山氏は「無所属ではできることが限られる。(NHKに受信料を支払った人だけが番組を視聴できる)スクランブル化の実現1点で共闘する」と説明した。
 丸山氏入党によりN国の国会議員は参院選で当選した立花氏に続き、2人目となった。立花氏は「増えてうれしい。1人と2人では大きく違う」と語った。
(「時事ドットコムニュース」より抜粋)


N国党の公約である「NHKスクランブル化」については、以前にも記事にしました。


 以前の記事はこちら >> NHKスクランブル化


この公約自体には、私はどちらかというと肯定的です。

“公共放送のあり方” という問題は残るものの、NHK受信料徴収システムについては、長年に亘って多くの人が不満を持ってきたことは事実ですし、

逆に言うと、NHKのスクランブル化というのは、“正しく受信料を払っている人” たちのためでもあるからです。


「料金を払っている人だけが見ることができる」という当たり前のことが、実現する可能性が出てきたのです。


そして、“老後のために2000万円を貯蓄しなければいけない” と言われている今、

 「NHK受信料は高いのか、安いのか」
 「NHKは本当に必要なのか」

そういった、新たな議論が生まれる可能性もあります。


その点では、N国党が国会に1議席を獲得したことの意味は大きいです。


しかし、そのN国党に丸山穂高議員が入党するとなると、話は違ってきます。

(個人的な意見ですが)丸山穂高議員は、“国民から支持されていない” からです。


N国党代表・立花孝志氏が丸山穂高議員に入党を打診した理由ですが、

 ・人数が増えることで国会での発言の場が増える

ただこの一点だけであると、私は理解しています。


言ってみれば、「誰でもよかった」わけです。


それでも「誰でもいい」わけではありません。


今は、立花孝志氏がうまく丸山穂高議員をコントロールできる人間であることを祈るばかりです。


ラベル:NHK 丸山穂高 N国党
posted by Descartes at 16:43 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする