新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年08月29日

迷惑行為防止スタンプ

以前から話題になっていましたが、シヤチハタが「迷惑行為防止スタンプ(痴漢行為防止スタンプ)」をついに発売し、“即日完売” となったそうです。


 迷惑行為防止スタンプ.jpg

 こちら >> 【痴漢撃退】シヤチハタ「迷惑行為防止スタンプ」がテスト販売開始も即日完売


通常は無色透明でブラックライトを当てると色が浮かび上がるという特殊インク「UV発色インキ」を採用した印鑑(スタンプ)で、痴漢の手の甲などに押すことにより、「痴漢行為の証拠となる」などの効果があるといいます。


今回はテスト販売ということで、500個しか用意しなかったそうですが、話によると開始30分で完売したとのことで、痴漢に悩んでいる女性がいかに多いかを物語っています。

しかし、その一方で、この「迷惑行為防止スタンプ」が痴漢行為の抑止にどれだけの効果があるのかを考えると、個人的には、残念ながら否定的な考えの方が強いです。


まず第一に、「痴漢被害にあっている女性が、本当にスタンプを押すことができるのか」ということ

そしてもうひとつが、「スタンプを押すこと(押されること)が本当に痴漢行為の抑止につながるのか」ということです。


「迷惑行為防止スタンプ」は

 ・片手で簡単に操作ができる
 ・鞄などに取り付けるリールコード付き

など、実際の使用を想定して設計されているようですが、それを「実際に使うことができるかどうか」はまた別問題です。


痴漢被害にあっている女性は「怖くて声をあげることもできない」と言います。

そのような状況で、はたしてスタンプを取り出して、(恐ろしい)痴漢の手に押し当てるようなことができるでしょうか。


被害にあっている女性が “第一に” 望んでいるのは「犯人を特定すること」ではなく、「痴漢行為をやめて欲しい」ことです。

だとしたら、スタンプを押すことができるのなら、替わりに “防犯ブザー” でも鳴らしたほうが、よっぽど効果がありそうです。


しかし実際には、電車内で防犯ブザーが鳴っているのを聞いたことはありません。


そしてもうひとつ、

 何故、UV発色インキなのか?

ということ。


「ブラックライトを当てることで証拠が浮かびあがる」ということは、言い方を変えれば「ブラックライトを当てないかぎり分からない」ということです。

つまり、(痴漢が)何食わぬ顔で車両を降りて逃げてしまえば、そのまま何も “お咎め無し” ということです。


むしろ、UV発色インキではなく、“一週間ぐらいどのような石鹸や洗剤で洗っても落ちないようなインク” で、「私は痴漢です」 と大きく目立つようにスタンプしたほうがよいのではないか、と考えます。


「迷惑行為防止スタンプ」などは、使われないことが一番ですが、これから先、今回販売された500個のうちのいくつかが実際に使われ、ニュースになることもあるかもしれません。

そのときに、

 このスタンプが「どの程度、証拠として有効に扱われるのか」

 痴漢が「どのような言いわけをするのか」

など

今後の動きにも注目したいと思います。




防犯グッズ bohhan.com
ラベル:迷惑行為 防止
posted by Descartes at 00:25 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする