新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年09月03日

すき家 吉野家 松屋

10月1日の消費税増税に向けて、3大牛丼チェーン(すき家、吉野家、松屋)で、それぞれの動きがあったようです。

 ゼンショーホールディングス傘下のすき家本部は3日、牛丼チェーン「すき家」での10月1日からの消費税増税への対応として、「牛丼 並盛」の税込み価格を店内飲食か持ち帰りかに関わらず、現行と同額の350円にすると発表した。他のメニューについても税込み価格を統一するため、詳細を調整中という。
 軽減税率が適用されて税率8%に据え置かれる持ち帰りの場合、並盛の税抜き価格は325円と現行のままとなり、税率が10%に引き上げられる店内飲食は6円値下げして319円とする。この結果、税込み価格はともに350円になる。(「産経新聞」より抜粋)


消費税増税後は、“酒類と外食を除く” 「飲食料品」は軽減税率制度が適用され、税率8%となります。

低所得者の負担を減らすための政策ですが、実は、この “外食を除く” という部分に関して様々な意見があり、混乱も招いているようです。


店内飲食とテイクアウトの両方を行っているお店の場合、同じ商品なのに、店内で食べた場合と、店外で食べた場合とで価格(支払額)が変わってしまうからです。


  food_takeout.png


店内飲食とテイクアウトの線引きが難しいお店もあり

 ・返却の必要がある食器に盛られている場合は「店内」
 ・返却の必要がない食器に盛られている場合は「テイクアウト」

といった線引きもされているようですが、「マクドナルドでコーヒーを “トレイにのせずに” 受け取った場合はどうなるのか」など、難癖をつけだしたらキリがありません。


そのような中、牛丼チェーンの「すき家」が、牛丼並盛を例に “ひとつの解決策” を示してくれました。


店内飲食分を “値下げ” することで、店内飲食とテイクアウトを “同価格” にしたのです。


消費者にとって、とても嬉しい話です。

一気に「すき家」の株が上がったと言ってもよいでしょう。


混乱も無事に収まりそうです。


そして実は、“似たような” 対応策をとる牛丼チェーンが、もうひとつあります。

牛丼チェーン「松屋」も、店内飲食とテイクアウトの価格を同一価格に統一する方針を発表しているのです。


ただし、「松屋」の場合は、少し事情が違っています。


テイクアウトについて、“容器代” を別途計上 することで同一価格にするので、言ってみれば “値上げ” をするようなものです。


結果的に同じ価格になるので「知らなければ良いだけのこと」のような気もしますが、おそらくレシートには「容器代」として印字されるのではないでしょうか。

昔のお豆腐屋さんのように、鍋を持っていって「これで持ち帰ります」と言った場合に支払額は幾らになるのかが、気になるところです。


そして、牛丼の生みの親「吉野家」はどうかと言うと、

「特に何もしない」

のだそうです。


つまり、店内と持ち帰りとで、支払額は違うことになります。


実は、これが普通の形なので、文句を言う筋合いではないのですが、「すき家」の後だけに、何か物足りない感じです。


今回の消費税対応策で見ると、(私の中での)3大牛丼チェーンの順位は

  すき家 > 吉野家 > 松屋

と現在、なっています。




ベルーナグルメショッピング

ラベル:牛丼 増税 消費税
posted by Descartes at 22:51 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする