楽天市場

2019年09月30日

最低賃金 引き上げ

明日(10/1)より、ついに消費税が8%から10%にアップします。

そして、それに合わせてというわけでもないでしょうが、同じく、10月より「最低賃金法」による最低賃金の改定(引き上げ)が行われます。


 こちら >> 最低賃金が改定されます。|厚生労働省


東京都の例でいうと、今まで 985円 であったものが、1,013円 に引き上げられるのです。(全国平均で 27円アップ とのことです。)


 shopping_reji_gyouretsu.png


消費税率のアップに合致した引き上げ額であるかどうか確認してみると

 985 × 110 ÷ 108 = 1003.24

となり、一応、消費税アップ分はカバーできているようです。


しかし、毎回思うのですが、

なぜ、このように、地域によって最低賃金に差が生まれるのでしょうか。


「家賃などの物価の違いだ」と言ってしまえばそれまでですが、食料品・食費、衣服、書籍など、全国に一律に流通しているものに関して言えば、地域による大きな差はないのです。

ましてや、今やネット通販が一般的で、全国どこからでも “同じ価格の商品” が購入できる時代になっています。


もう少し、地域による最低賃金の格差を少なくしてもよいのではないかと思います。


そうすることで、逆に「(家賃の安い)地方で(同じ賃金で)働こう」という人が増え、結果的に、各自治体の税収差なども少なくなっていくように思えます。


 
 面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載
posted by Descartes at 23:12 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする