楽天市場

2019年10月07日

イートイン脱税と正義マン

今、「イートイン脱税」と「正義マン」が話題なのだそうです。


 


消費増税の10月1日・当日には、すでに「急上昇キーワード」となっていたので、ワード自体は、増税前から誰かが前もって考えていたのだろうと思います。

シンプルですが、今回の軽減税率問題を端的に著した言葉です。


イートイン脱税とは、コンビニなどで「持ち帰り」を申告しておきながら、店内のイートインコーナーで食べて帰り、2%を “脱税” する行為のことで、

正義マンというのは、そのような脱税者の行為を影で見張り、見つけたならば、正義感のもとに店員に “告げ口” する人のことです。


 告げ口.png


「イートイン脱税」については、誰もが予測していたことでしょう。

しかし、「正義マン」の出現は、少々想定外でした。


そして、本来ならば

 イートイン脱税 = 悪者
    正義マン = 正義の味方

という図式になるはずなのですが、


どういうわけか、正義マンを褒め称える気にならないのは、私だけでしょうか。


その理由は、ただひとつ

正義マンは、店員に告げ口はするけれども、脱税者に面と向かって注意はしないからです。


店員の対応を見て、楽しんでいるようにしか思えないのです。
(あくまでも個人の感想です。)


そして実は、店側はというと、8%であろうと、10%であろうと、お客さんから預かった消費税を “そのまま” 国に収めるだけですので、どちらを支払おうが、どこで食べようが、“まったく損はしない” のです。


ですから、正義マンの出現は、ただただ “迷惑” とも言えます。


そもそも、脱税の密告は、販売店ではなく、「税務署」に対してするものではないでしょうか。

顧客の申告をただ信用した店側が、何らかの対応をする必要があるのでしょうか。


そこのところをはっきりさせたいところですが、はっきりさせると「イートイン脱税」を容認することにもなりかねないので、国としても慎重にならざるを得ないところでしょう。




posted by Descartes at 22:08 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする