楽天市場

2019年10月24日

同期のサクラ

今期のドラマの中で、注目しているドラマのひとつ「同期のサクラ」

今日(日付変わって昨日)は、その第3話(ドラマ的には3年目)の放送でした。


 


       こちら >> 同期のサクラ|日本テレビ
 見逃した方はこちら >> 同期のサクラ #3(10月23日) | 日テレ無料


・・・泣いてしまいました。


本当に、“いいドラマ” だと思います。


今日の第3話をもって、「同期のサクラ」は(私の中では) “最終回まで欠かさず(オンタイムで)見るドラマ” に昇格しました。


 このドラマ(脚本)には嘘がない


自然とそう思える内容です。


そして、今日の放送回上の日付である「2011年3月11日」。

デジタル時計の表示が、3月11日を示したときには気付きませんでしたが、入社3年目に取り上げられた “この日” は、あの「東日本大震災」発生の日でした。


多くの日本人が、決して忘れることのできない日 です。


そして、私にとっては、長年勤めた会社を辞めるきっかけになった日でもあります。

いろいろなことが思い出されたこともあり、思わず泣いてしまいました。


と同時に、「もう8年も経っているのだな」と “感慨深い” ものがあります。


あの頃は本当に大変だったと、今、あらためて思います。

そして、その中にあって(ドラマの舞台である)花村建設は、とても良い会社のように思えます。


最終回を迎えて、サクラと “同期の仲間たち” が、震災後の8年間をどのように生きてきたのか、早く知りたいものです。





posted by Descartes at 01:13 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする